Pocket

電話占いを使うと言ったら、どういった事が考えられるでしょうか。
今回は電話占いの活用方法について、いくつかご紹介します。

電話占いっていつ使う? どういう風に使う?

多くの人の電話占いの使い方ですが、女性だと恋愛や人間関係に対する悩みが多く、男性だと仕事関連の悩みが多いのだそうです。

電話占いは恋愛・人間関係・仕事関連以外の相談も受け付けてくれますし、何か起こっていないと使ってはいけないというルールも存在していません。

もっと柔軟に使うことで、さらに生活を充実させることもできるでしょう。

電話占いを定期的に使ってみる

占いを使うときに、すでに何かが起きたという状態だという人も多いと思います。

間違った使い方ではないですが、すでに悪いことが起きてしまっていますから、その後事態が好転しても完璧に対処できたとは言えないことが多いでしょう。
そうではなく、困ったことが起こらないように定期的に電話占いをするのはどうでしょうか。

頻度としては3か月に1回ペース

などで、自分の事を占ってもらいます。

その時に仕事に関する事・恋愛に関する事・対人関係に関する事などで、気を付けるべきことはないかを聞いてみるといいでしょう。

もしも悪い相が出てしまっても、それを回避するためのアドバイスをもらえるので安心です。

3か月に1回というのはそれくらい間をあけないと、占い内容が変わらないからだそうです。
また期間が空くことで依存症対策にもなります。

定期的に使うことで結婚にもつながる!?

定期的に占いを使うことで、絶対に結婚できるとは言いませんが少なくともプラスにはなるはずです。

「いつ結婚できますか」と尋ねた時に、「1年以内に運命の人に出会えるチャンスがある」と返されたとします。

1年間占い師の言葉をちゃんと覚えているのであればいいですが、忘れてしまう人が多いでしょう。

運命の人に出会うためにはどうしたらいいのか、そのアドバイスをもらっていても忘れてしまっては意味がありません。

アドバイス通りに行動したと言っても、最初の1週間やってみただけという人もいるでしょう。

定期的に占うことで、その度に思い出すこともでき、成功率は高まるはずです。

例えば30歳を越えて焦って占いを頼んでも、すでにチャンスを逃してしまっていた、となるかもしれません。

焦りだす前から定期的に利用していれば、チャンスを逃すという事もないでしょう。

おすすめの電話占いでは仕事や転職、恋愛だけでなくペットの気持ちも分かる?!

電話占いの占い師には様々なタイプ人がおり、中には探し物や人探しが得意

という占い師も在籍しています。

そういった占い師はいわゆる透視や霊視が得意な人で、電話占いだからこそ頼むことが出来ると言えるでしょう。

探し物についての占いですが、探す物や人に対しての気持ちが鑑定に関わってくるのだそうです。
ですから思い出の品や思い出の人を探す時には、より力になってくれるでしょう。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

関連記事