Pocket

いじめというのは肉体的や精神的に自分よりも弱い人に対して嫌がらせをして一方的に苦しめることを言い、今まで生きてきていじめと無関係だったという人は少ないのではないでしょうか。被害者という人もいるかもしれませんし、加害者だったという人もいるかもしれません。いじめを完全に無くすことは難しいかもしれませんが、それをうまくかわすことはできるので、その方法について理解しておいたほうがいいでしょう。

周りの人からシカトされる

学校などでいじめられると周りの人からシカトされることがあります。いじめられた人を助けてしまうと、次のターゲットがこちらに移ってくるので、嫌だなと思っていてもいじめに加担してしまう人が出てきます。肉体的に傷つけれるということは無いですが、精神的に傷つけられるということは十分にあります。そのため、仲間外れになって学校にいたとしてもずっと一人で行動しないといけなかったりします。

昔のいじめはターゲットが固定化されることが多いわけですが、今のいじめは誰がいじめられやすいということは無く、もしかすると別の人にターゲットが移るということがあり得ます。そのため、学校内で空気を読みながら同級生を付き合うということをするわけです。

学校や職場に行こうとしても体調が悪くなる

確かに学校や職場でいじめなどの嫌なことがあるかもしれませんが、それでもがんばって学校や職場に行きたいという風に思うこともあるでしょう。ただ、頑張っていこうとすると体調を崩したりします。頭が痛くなったり朝起きられなくなったりした経験があるかもしれません。やはり嫌なことがあって行きたくないなあというサインだったりします。これを怠けているせいだという風に言われると余計に、こういうことが起きます。

不登校や出社拒否してしまう

いじめられている人というのは一般的に周りの助けを得ることができない人が多く、ただ耐えるしかないという状態に陥ります。精神的だけでなく肉体的に苦痛を感じるともなると、学校や会社に行ったとしてもまた嫌なことになるなと思って、不登校になったり出社拒否することが多いです。そういう人は外に一歩も出ることができなくなりますので、引きこもりになるケースが多いです。

学校や職場に行ったとしても再び何かされるということになると、行くのを完全に嫌になるでしょう。会社員でずっと出社拒否をしてしまうともなると、会社にはいられなくなり、辞めないといけなくなります。公立の小中学校であればまだ転校などの手続きをすればいいですが、私立学校や公立高校などになると出席日数が足りずに辞めざるを得ないことがあります。

自責の念を感じて自殺してしまう

不登校や出社拒否で済むのであればまだいいのかもしれませんが、ニュースなどでいじめられたことを発端として自殺したということを聞いたことがあるのではないでしょうか。本人としてはとてもつらいことですし、家族に迷惑をかけたという自責の念を持っていたりします。親としては生きているだけでいいという風に思うわけですが、当人はそういう風に思わないわけでしょうから、死を選ぶという決断をするわけです。

いじめは犯罪だということを認識する

いじめというと子供の世界のある出来事という風に思うかもしれませんが、大抵の場合はそういう簡単に済む事でなく、犯罪行為に引っかかることが多いです。これは自分が加害者にならないために必要なことでもありますが、被害者になったとしても犯罪に巻き込まれているので何とか対処してもらおうという意識が芽生えたりします。

例えば、暴力を犯されたのであれば暴行罪が、暴行によりケガをしたのであれば傷害罪が、金銭を奪われたのであれば恐喝罪が、何かで脅されたら脅迫罪が成立します。子供の世界だからと言って免罪されるわけではないです。子供に罪が問えないのであれば、親に何らかの罪がかかってきたりもします。

自分の人生をマイペースに歩む

いじめというのはその人のことを面白がってからかったりしますが、いじめられたとしても一切無視をするというのでも構わないです。一切相手にしないということで、いじめがなくなるケースがあります。ただ、肉体的に傷つけられたということであれば、何らかの対処が必要になります。

いじめる人から距離を置く

いじめられるのが嫌だというのであれば、学校であれば転校する、会社であれば退社して転職するなどのことをするのもいいでしょう。最終手段ということになりますが、いじめる人から避けられるのであれば、避けてもう一度リセットした状態で別のコミュニティに移るというのがいいです。引っ越しを伴ったりしますので、お金がかかることにはなりますが、距離を置いてまた明るい笑顔が戻るのであればやったほうがいいことでもあります。

誰かに相談した方がいい

いじめが起きたのであれば、誰かに相談をしたほうがいいです。つらいのであれば、何らかのSOSは発したほうがいいでしょう。ただ我慢したとしても事態が好転するということは無いです。学校であれば先生などに、職場であれば相談室や労働基準局の相談係などに相談をしてみるといいでしょう。友人や家族などでもいいですので私はつらいんだということを相談した方がいいです。

ただし、相談相手を間違えてしまうと返り討ちに合うということもあるでしょう。そうならないように相談相手は選ぶようにしてください。相談する人がいなくて困っているならば、お金を払ってまでも占い師に相談するというのでも構いません。

いじめには自分のことを波動修正し、相手のことを霊視するのがいい

いじめというのは自分が悪いという風に思い込んだりしますが、基本的にはいじめている人が悪いです。いじめている人が何らかの原因を持っていじめるということが多いです。なぜ私はいじめられるのかということを知りたいのであれば、占いの力を借りた方がいいのではないでしょうか。

なぜいじめられるのかとなると、何らかの波動が乱れているということが多いからです。人と波動が乱れているので、いじめる人からするとそれがムカついていじめてしまうという行動を取るのでしょう。周りと協調していきたいということであれば、波動修正ができる占い師に鑑定をしてもらったほうがいいです。付き合う人に恵まれていないのであれば、なおさら波動修正は有効です。

いじめのもう一つの要因としていじめる側がなぜあなたをいじめるのかということを見ていくのも有効です。いじめる側も何らかのストレスを抱えていたりしますので、いじめる側の魂について霊視にて見ていくことでなぜいじめるのかという原因が探れたりします。相手のことを見てみたいのであれば霊視や霊感を使う占い師が有効です。

いじめの相談であれば電話占いリエルがいい

いじめの相談をしたいということであれば、電話占いリエルが良かったりします。占い師を検索する画面に占術やどういう悩みかなどを選ぶことが可能です。どういう悩みかという項目にいじめというものもありますので、普通にいじめの相談にも応えることができる占い師がいるということの表れです。いろいろな経験を積んでいる占い師が多いので、どんな占い師であっても対応してもらえるのではないでしょうか。

リエルには占いコンシェルジュというサービスがあります。これはどういうサービスかというと、自分が抱えている悩みに対してどの占い師がふさわしいのかということを教えてもらえるサービスです。フリーダイヤルになっていますので、気軽に聞いてみるといいのではないでしょうか。占い師の数が多いとなかなか選べなかったりしますので、占いコンシェルジュサービスを活用してみてください。

おすすめの占い師1:mika先生

mika(みか)先生は幼少期に学校に行けないことが多かったという経験を積んでいますので、いじめの問題についてもきちんと答えてくれるでしょう。今持っており悩みに対して守護霊やハイヤーセルフなら降りてくるメッセージをタロットカードを用いながら鑑定していくスタイルです。先生の鑑定を受けて希望が持てたという声が続出しているほどです。

おすすめの占い師2:ガネーシャdeva先生

ガネーシャdeva(でーば)先生は人生経験において培ったエネルギーを困った人に対して向けられないだろうかということを考えて、占い師という活動を行っています。人との相性の良し悪しというのは人生を大きく変えてしまいますので、いじめ問題に関しても他の悩みと同様に心と魂のゆがみを解消していきます。

関連記事