Pocket

自宅で親の介護をしている過程が多くいるかもしれませんが、多くの場合何らかの悩みを持っていることがあるでしょう。介護の場合は先々の見通しや目標を見出しにくいということが言えるでしょう。介護される者だけでなく実際に介護をする人にとってもつらいことでしょう。今回は介護の悩みについてどのように解決していけばいいのかということについて説明させていただきます。

終わりが見えないというつらさがある

育児や看病などと違って介護は近い将来について予測することができなかったりします。最初の頃であれば必要だからということで負担に感じることがないわけですが、介護をしなくていい状況になることはあり得ませんので、時間が経過するほど不安に感じることがあるでしょう。

常に一人で介護をしている人にとっては、なかなか悩みを打ち明けるタイミングが無く、燃え尽き症候群や介護うつにかかったりし、場合によっては親などの介護される者を殺すというような残虐なことだってあり得ることです。

介護される側が無くならない限りずっと続くと言ってもいいでしょうから、される方の高齢化と体力の低下、する側も同様に高齢化による老老介護という問題が出てきます。いわば、介護の共倒れ状況に陥ったりします。

家族のバランスが崩れる

介護というと家族問題という側面があり、肉親を介助するのは誰かという問題が出ています。お互いが負担を押し付け合うということもありますし、家族のバランスが崩れてしまうということもあります。誰かに負担を押し付けたり受け取ったりということがありますので、家族のいざこざが絶えなかったりするでしょう。

肉親を無理に介護するということになると、場合によっては夫が会社を辞めたりします。まだ子供がいて教育費にお金がかかるという時に辞められると困ってしまいます。だからと言って、介護する人がいないのであれば、夫がやらなければいけないので、その場合は会社を辞めてでもやらないといけないケースが出てきます。

肉親を無理にでも介護をするともなると、お互いがお互いのことをつらく当たってしまい自己嫌悪に陥ってしまい、お互いが介護ということでケンカをしてしまうことが起きます。お互いの家族が何を望んでいるのかということを確かめ合わないといけないでしょう。

経済的な負担がかかってしまう

介護については終わりが見えませんので、そのために経済負担が馬鹿にならないです。在宅介護の場合ですと1か月に平均7万円ほどがかかるというデータがあるように、それなりにお金がかかります。ショートステイや住宅改修などをするとなるともっとお金がかかります。さらに病状が悪化して入院や手術の費用だって掛かるでしょう。

要介護度が低い状態であれば、まだ自分たちでもやれることがありますが、要介護度が高くなったり医療に依存することが多くなるともう自宅ではどうにもならないことがあります。在宅介護ではなく施設介護になるともってお金がかかるという状況に陥ります。確かに介護保険制度がありますが、それでも自己負担をする必要があったりします。

お金がない場合はリバースモーゲージという方法でお金を借りることが可能

お金が無くて介護費用が賄えないということであれば、持ち家がある人に限ってはリバースモーゲージという方法でお金を借りることができます。持ち家を担保にすることにより銀行や自治体からお金を借りるという方法になります。借りたお金については介護費用としてデイサービスを受けたり、施設に入れるということが可能です。

融資ということであれば、金融機関や自治体にお金を返さないといけないと思うかもしれませんが、リバースモーゲージの特徴として借りたお金は介護をされる側が死亡した時に、担保として差し出した家を売却することで返済をしていきます。残された家族としては家が無くなることは確かにデメリットに当たりますが、介護費用が賄えなくて困っているならば検討する価値はあります。

介護の担当者に相談をする

介護保険を利用してサービスを受けているのであれば、担当のケアマネージャーがいたり、ホームヘルパーや地域包括センターの職員などがいるのではないでしょうか。一番大事なのは悩んでいることを包み隠さないことです。自分の気持ちを我慢する人はとても多いですが、不安なことは不安だとかしんどいことはしんどいということを吐き出したほうがいいです。こういう気持ちをきちんと伝えることにより、最悪な状況を防ぐことができます。

介護保険制度は確かに介護される人が重要なことではありますが、介護する側の負担軽減も目的としてあります。家庭にずっと押し付けてきた介護ということを、社会全体で担って行こうというのが趣旨です。現状に合っていないのであれば、ケアプランを変更することを考えてみてはいかがでしょうか。介護を受ける川の状況も変わっていきますので、都度見直しを検討するべきです。

介護保険の制度上の相談については介護担当者に当たる人に相談をすればいいでしょうし、介護保険を利用したいのであれば自治体に相談すればいいでしょうし、介護に纏わる家族問題で悩んでいるのであれば占い師に相談してみるという手があります。介護保険の制度上のことについては占い師に相談しても適切な返答は返ってきませんが、家族のバランスが崩れているなどのことで悩んでいるのであれば、相談する価値はあります。

介護に纏わる悩みはタロット占いがいい

介護の問題というのは自分たち家族だけではないかと思ってなかなか相談できなかったりします。そういう問題はなかなか外に現れることではありませんので、他人にはなかなか見えないです。しかし、実際には誰かに相談したいと思っているはずです。自分たちの家族で起きていることはもしかすると周りでも起きている可能性があります。

介護に関する問題についてはなかなか電話占いで相談することができなかったりしますが、家族問題とか親族の問題に関わっている占い師であれば取り扱ってくれることがあるでしょう。やはりそういう問題に強い占い師を選ぶべきです。

介護に纏わる悩みがあるのであれば、未来にどうなるのかということをしれればいいと思うものです。そういう時にいい占術がタロットカードです。タロットカードは占い師が勝手に引いて鑑定していると思うかもしれませんが、占い師としてはそれなりの理屈があります。相談者の話を聞きながら理屈に従って引いて鑑定をするということです。

タロット占いは未来を知ることができればいいなあということを叶えてくれる占いです。未来が完全に当たるということは少ないかもしれませんが、未来にそういうことが起きるかもしれないから気を付けて行動しようねということを教えてくれます。人生の道しるべとなるべきものと考えてください。

介護に関する悩みなら電話占いピュアリがいい

介護に関する家庭問題や親族問題ということで言えば、電話占いピュアリが相談する電話占いサイトとしてふさわしいということが言えます。何といっても他の比べて相談者の満足度が高いからです。総合的に在籍している占い師のレベルが高いですし、運営サイドにしてもサービスの良さが伝わってくるほどです。占い師でハズレを引くということはなさそうですが、一応口コミなどでチェックをしたほうがいいでしょう。

在籍人数が多いので、様々な占術を使う占い師を探すことができるでしょう。占術や相談内容からふさわしい占い師を検索することが可能です。占術や相談内容にしてもかなり細かく分類してありますので、ピンポイントに自分が求めるものを選ぶことができます。ただ、介護については項目に無かったので、家庭問題や親族問題という項目をチェックすればいいでしょう。

おすすめの占い師1:希林先生

希林(きりん)先生は電話占いピュアリの中でも家庭問題に強いということで評判になっているほどです。長年をかけていろいろな占術をマスターしており、介護問題があるならばそれにピッタリな占術で占ってくれることでしょう。家庭問題に何よりも強いですので、関係がぎくしゃくしているなどの悩みがあるなら、ぜひ鑑定を受けてみてください。

おすすめの占い師2:美愛先生

美愛(びあん)先生はタロット占いを使った鑑定を行っています。霊的なリーディングとタロットを使いながら魂レベルで交信をすることができます。魂というのは何度も生まれ変わってきますが、それを丁寧に読み解いて介護問題についてアプローチし、その解決策を提示してくれます。

関連記事