Pocket

電話占いの占い師として働いている人、もしくは電話占いの占い師になりたいという人で最終的に独立したい人もいるのではないでしょうか。
そこで、電話占いで独立をするにはどうしたらいいのか、調べてみました。

なぜ電話占いで独立・開業するのか

占いに限らず独立したいという人は、少なくないのではないでしょうか。
その理由としては、そのまま働き続けるよりもお金を多く手元に入る可能性があると考えられるでしょう。

所属する場合、それが一般的な企業であれば最低限の保障は存在すると思いますし、電話占いサイトでも新人占い師を紹介している所も多く無名であるほど所属する意味は出てきます。

ただし実際に手元に来るお金は、運営が何割か差し引いたものになります。

会社にもよりますが、大体利用者が払ったお金の25~30%が手元に来ると考えると良さそうです。

個人でやる場合には、100%自分の取り分になりますからサイトに登録していた時代の半額でも単価は上がると言えるでしょう。

あとは開業の際、電話占いなら実店舗も必要なく人を雇う必要もないため、諸費用を安く済ませることが出来ます。

電話占いを開業するときに必要になるものは?

占い師に資格は存在しませんから、誰でも何の準備もなく開業するだけなら出来るでしょう。
占いを全くできない会社員が、会社を辞めて電話占いを行うという子おも不可能ではありません。

ただし開業したところで、スキルがない人のところにお客さんは集まりません。

そのため開業占い師になるには、占いのスキルは必須だと言えます。

なので
いきなり開業するよりも電話占いサイトに登録して、ある程度実力を付けてから独立

をした方が良いでしょう。

独立する前に準備しておきたいのはお金!

独立・開業をして、個人での活動がスタートした後、すぐにたくさんの人が来てくれればいいのですが、元々かなり人気があった人ではない限り難しいでしょう。

そのため集客に力を入れる必要があるのは当然なのですが、更に安定してお客さんがついてくれるようになるにはもっと時間がかかります。

それまでの間をしのぐためには、ある程度まとまったお金が必要になるでしょう。

そのため開業したいという人は、お金を貯めるところから始めてくださいね。
ある程度お金が貯まって、しばらくは収入がなくても大丈夫だというところで開業を検討しましょう。

初期費用はあまりかからないかもしれませんがそれでもお金は重要です。

個人で開業するにあたって行う手続き

何度も言いますが、占いには資格もなく、特別な手続きがあるわけではありません。
しかしできれば開業届を提出することをおすすめします。

他にも提出書類はありますので個人でやっていこうと考えている場合には、とりあえず税務署に行ってみるといいでしょう。

なぜ開業届を出す必要があるかですが、「青色申告」が出来るようになるからです。

会社員などだと、名前を聞いたことがある程度かもしれませんが、青色申告とは個人が税金を納める時に必要な物ですね。
開業届を出していないと白色申告になります。

この2つの違いですが、簡単に言うと青色申告の方が白色申告よりも節税できます。

例えば65万円の特別控除があり、家族への給与を経費で払うことが出来ます。

その他、青色申告だから出来る事も多いです。

その代わり、手続きは青色申告の方が厳格になっているため、面倒くささは多少あるかもしれません。
とはいえ、年に1度の面倒くささなので提出をしておいて損はないのではないでしょう。

電話占いの相場から金額を決める

開業することが出来たら、それで終わりではありません。

金額設定は運営するにあたり重要なポイントでしょう。

個人でやるわけですので金額も自由に決めることが出来ますが、法外な値段だと人はきません。
むしろ個人で始めたばかりだと、信用もなく安い価格帯の設定にしていないとなかなか人がやってこないでしょう。

電話占いの相場は1分間に200円と言われますが、あくまでこれは電話占いサイトを利用した時の目安で個人でやる場合にはこれよりも下げておきたいところです。

電話占いサイトで最低限レベルが保証された人に使う1分200円と、開業したてでわからない人に使う1分200円では、前者を選ぶでしょう。

そういうわけで個人の電話占いの相場は、1分100円とも言われます。

前述もしていますが、半額にしても電話占いサイトで登録するより収入は高くなります。

それから宣伝もしていく必要もあります。
個人で広告を出すのはいささか大変ではないでしょうか。

そこで利用するのが口コミです。

口コミを書いてくれる人を集める意味でも、まずは身内やその知り合いをターゲットに占いをしてみてください。

電話だけじゃなくメールやSNSなども活用すれば通話無料で売り出せる!

電話以外の媒体を使うという事は、電話占いサイトでもやっているメジャーな方法でもあります。

特に無料通話機能があるトークアプリを使えば通話料はかからないので、「通話料無料」を前面に押し出すこともできます。

ただしこれらを利用するためには、準備も必要です。

メール占いをする場合、1案件いくらにするのかはもちろん、いつまでに返信するのか、返信では最低何字以上書くのかなどを決めておく必要があります。

電話占い用に格安sim携帯を購入するのも検討していいかもしれません。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

関連記事