Pocket

近年は少子化が社会問題ともなっており、その原因はいろいろ挙げられています。
それぞれの家庭にそれぞれの事情があるので一概に原因を特定することは難しいのですが、育児の大変さを知ると「もうこれ以上は無理」と二人目、三人目の子どもを持つことを諦めてしまうケースも珍しくはないようです。

子育ては夫婦でするもの

子育ては、母親だけのものではありません。
最近では子育てに積極的に参加する男性が「イクメン」などといわれてもてはやされていますが、そもそも子育ては夫とお互いに協力し合いながら行なうべきなのです。
それを今さらイクメンなどともてはやすのは、いささか見当はずれともいえるでしょう。
また、まだまだ世間には子育てに積極的に参加しない男性が多いどころか、母親にまったくまかせっきりというケースも少なくありません。
これは男性の根本的な考え方が改まっていないこともありますが、社会の仕組み自体が男性の育児への参加を難しくしているという面も挙げられるでしょう。

育児をする母親の悩み

いずれにせよ、子育てをする女性は不安やイライラ、ストレスを感じることが多いものですが、ママたちはどんなことが理由でそんな気持ちを抱いているのでしょうか。

まず、0歳から1歳くらいまでの子どもの場合に多いのが、頻繁に起こる夜泣きです。
昼夜関係なく泣くのでそのたびに面倒を見なければならないため、ストレスが募るだけでなく寝不足にもなりがちです。

子どもが少し大きくなると、夜泣きのストレスからは解放されますが、今度は「子どもをどのように叱ればいいのかわからない」という点が悩みとなってきます。
最近では育児書やインターネットなどで子育てに関する情報が手軽に手に入りますが、子どもの叱り方もいろいろな方法を知ることができます。
しかし子どもは機械ではないので、必ずしもそのような「マニュアル」が当てはまるとは限らず、試行錯誤を重ねて叱るしかないのです。
その時は自分では正しく叱ったと思っても、あとで「あの叱り方でよかったのかな?」などと思い悩むこともしばしばです。
食事の好き嫌いに関する悩みも多くの母親が持っています。
栄養バランスを考えて作った食事なのに、食べてくれない、一定のおかずしか口にしないとなると、母親としては不安になるのは当然です。

さらに子どもが大きくなると生じる悩みに、子どもの将来があります。
親とすれば将来子どもにできるだけ幸せになってもらいたいという思いから、良い教育を与えたいと考えます。
子どもに掛かる教育費は、幼稚園や保育園から始まり大学まで進学させたとして平均で2000万円ほどにもなるとされています。
私立校か公立校かなどによって費用は異なりますが、どんな道を進んだとしても最低1000万円は必要だといわれています。
教育費の問題ももちろんですが、学力や友人関係、反抗期などなど、子育てには数多くの悩みが付きまとうものなのです。

悩みの解消方法

これらの悩みを解消させるための手段はいくつか挙げられます。
夜泣きは赤ちゃんの生理的な現象で専門家の間でもなぜ夜泣きをするのか原因はわかっていません。
したがって夜泣きをやめさせるのは難しいのですが、なるべく時間を見て休息をとるなどして体力を保つことが大切です。
正しい叱り方も難しい問題ですが、絶対にNGなのが「怒りにまかせて子どもを怒鳴る」ことです。
常に冷静に優しく「どうしてこんなことをしたの?」などと子どもの言い分も聞く余裕が必要です。
そのうえで「でもそれはいけないことだ」と教えてあげると、子どもは自分の意見が聞いてもらえたと母親の話を受け入れることもできるというわけです。

好き嫌いには、子どもが食べやすいように料理をすることが重要です。
嫌いな野菜は細かく刻んで他の食材に混ぜたり、魚なら骨や皮を取り除くといったひと手間も大切です。
また、それらを食べなければならない「理由」をきちんと伝えることも必要でしょう。
たとえば「野菜を食べないと病気になって遊べなくなるよ」などと、子どもでもわかりやすく説明することがポイントです。
身体にいいからと無理やり食べさせようとすると却って拒絶反応を示すことも少なくないので、そんな場合には同じような栄養素を持つ別の食材に変更するのもひとつの方法です。

教育費については、国や自治体の子育てサポート制度を活用することをおすすめします。
「出産育児一時金」「児童手当」「育児休業給付金」などいくつかあるのでチェックしてみましょう。
また、学資保険を利用すれば進学時の費用負担を軽減できるかと思います。
そしてさらに重要なのが、子どものために少しでも貯蓄をしておくことです。
そのためには家計の見直しなどをして節約を日ごろから心掛けるようにしましょう。

悩んだら電話占い

こういった手だてを行なっても、不安やストレスはなかなか解消されないという人はまだまだたくさんいるでしょう。
母親が悩んだりストレスを抱えていては、子育てにもいい影響を与えません。
もちろん夫に相談するのが最適なのですが、電話占いに相談してみるのもひとつの方法です。
電話占いとは、電話を介して占い師と会話をしながら鑑定を行なってもらうというもので、今や占い業界では主流となりつつあります。
一般的な対面式の占いも悪くはありませんが、自宅で子育てをしていて時間がない、パートで忙しいというお母さんでも、電話占いなら空いた時間を利用して相談できるので人気が高いのです。

インターネット上にはたくさんの電話占いサイトがあるので、その中から自分に合ったサイトを選んで相談すればいいのですが、何しろサイトの数はかなり多いので、どこを選べばいいか迷ってしまうという人もいることでしょう。
そんな人のために、おすすめの電話占いサイトをひとつ紹介しましょう。

電話占いリノアとは?

それは「電話占いリノア」です。
リノアには数多くの優秀な占い師が所属していますが、すべて全国から募集、スカウトした中から厳選な書類審査やオーディションに合格した人たちのみなのでその実力は折り紙付きです。
また、占いのスキルだけでなく、相談者への気遣いや鑑定内容の伝え方、アドバイス能力など、占い師として適しているかどうかのポイントを多方面から判断しているので安心して相談できるはずです。

リノアのうれしいところは、利用料金にもあります。
子育てで家計にあまり余裕がなくても、鑑定は1分単位そして業界最安値で行なってもらえるので、相談する前にあらかじめ自分の予算金額を伝えておけばその範囲内で鑑定してもらうことも可能です。
またはじめて利用する場合には、初回登録特典として最初の電話相談が最大で10分間分が無料になります。
さらに、はじめて指名する占い師から15分以上鑑定を受けると5分間分の鑑定料がキャッシュバックされるといった特典もあります。
もちろん会員登録は無料ですし、会員登録フォームから名前、メールアドレスを入力してメールを送信して本登録をすればすぐに利用できると簡単手軽なのも多くの人から支持されている理由のひとつです。
相談は24時間365日可能で、サポートも9:00から23:00までオープンしているので事前にいろいろ相談してみてはいかがでしょうか。

子育ての悩みにはこの先生がおすすめ

リノアにはたくさんの優れた占い師が在籍していますが、その中から特に子育て相談で人気の占い師ならネイジュ先生が挙げられます。
ネイジュ先生の専門占術は霊感タロットをもとにして西洋占星術や西洋占術、オラクルカードを駆使して星の巡りで運命を読み解きます。
実際にネイジュ先生に鑑定をしてもらった子育てママたちの口コミを見ると、「とても話しやすかった」「育児で疲れていたが元気が出た」「相談して悩みを取り除いてもらった」「また相談したい」といったものが多数見受けられます。

子育てはひとりではできないのに、悩みや問題、トラブルが発生してもそれらを誰にも相談せずに一人で抱え込んだしまう女性は少なくありません。
夫に相談してもどうせ解決できない、話も聞いてもらえないと最初から諦めている女性が多いからなのでしょうか。
何だか昔からの日本社会の問題点が凝縮されているようです。

悩みを聞いてもらえる人がいないなら、占いに頼ってみるのもひとつの手段です。
誰かに悩みを聞いてもらうだけで、悩みの多くは解消されるともいわれています。
ひょっとすると、夫も一緒に電話占いで悩み相談をしてアドバイスを受けるのもいいかもしれませんね。

関連記事