Pocket

人は皆つながっている

Contents

人間はひとりきりでは生きていくことはできません。
取り巻く環境に親兄弟、親戚や友だちなどが存在せず「天涯孤独」という状況の人であったとしても、やはり他人とはつながっているのです。
人も近寄らないような山奥でひとり、自給自足の生活でも行なわない限り、世の中とのつながりを断ち切ることはできません。

食事をする場合には、米や野菜、魚、肉、牛乳などなど、あらゆる食材は農家の人や漁業関係者、酪農関係者たちによって供給されています。
身にまとう洋服もまた誰かが作っているわけですし、寝起きする住宅もまた、建築業の人たちによって建てられたものなのです。
このように血縁関係や友人関係といったつながりはなくても、世の中と全くつながりを持たないという意味での「天涯孤独」というものは存在しないのです。

したがって、「自分は世の中に独りぼっち」「自分を気遣ってくれる人など存在しない」といった考え方は間違っているといえるはずです。
人間関係が希薄になっているといわれる昨今ではありますが、それは世の中の仕組みの変化によるもので抗いようがありません。
だからといって、自分から人間関係を放棄する必要はないのです。

家族の関係も変化している

人間関係の変化とともに、家族関係、家庭関係も昔とは違ってきています。
昔はひとつの世帯におじいさん、おばあさん、その子ども夫婦と孫たちといった三世代が同居していることは珍しくありませんでした。
しかし現在は「核家族」といわれるような親子の二世帯だけで生活をする家庭が大半を占めています。
三世代が一緒に住む場合でも、ひとつの土地にひとつの建物は建っていながらも玄関はふたつであったり玄関はひとつでも屋内には台所や風呂、トイレなどがそれぞれの世代に存在するいわゆる「二世帯住宅」様式が一般的となっています。

こういった状況に昔ながらの家庭関係を求めるのは、はっきりいって難しいですし意味もありません。
その時代や状況に応じた家庭における関係を作り上げることが大切なのです。
ただし、昔とは異なる家庭環境は家族の関係を複雑にしています。
そのため、家族関係において悩みを抱く人も少なくなく、その内容は昔よりも複雑かつ困難なものとなっている様子が見られることも多いのです。

家族間での悩みやもめごと、トラブルは他人同士のそれよりも結びつきが強いだけに一旦こじれるとなかなか修復が難しいものです。
他人であれば最悪の場合関係を断ち切ってしまうという手段もあり得ますが、家族となるとそうもいきませんし、そうなったならもはや家族というかたちは消滅してしまいます。
そんな事態になる前に、きちんと何らかの手立てを講じる必要があるのです。
もちろん自分の力や家族間で話し合ったりして問題を解決できるに越したことはないでしょう。
それができなければ、誰か第三者の力を借りるしかなくなるわけです。
そんなときには、占いを利用してみてはいかがでしょうか。

占いからアドバイスを受ける

家庭関係の問題の解決について好ましいのは、第三者の立場からアドバイスを得ることです。
当事者同士では冷静な判断ができませんし、親戚や知り合いに間に入ってもらうとしても中立な立場で判断してもらうのはなかなか難しいものです。
まして、トラブルの内容によってはあまり他人には知られたくないといったケースもあり得るかと思います。
占いなら、まったく関係のない第三者の立場から冷静な判断ができるだけでなく、適切なアドバイスを受けることも可能です。
そのうえ、知り合いなどには知られたくない内容でも、あくまでも「見ず知らずの他人」である占い師になら打ち明けることもできるでしょう。

家庭問題も占いで

「占いは恋愛や結婚などの問題の場合に利用するものじゃないの?」「占いなんて信頼できるかどうかわからない」
そう考えている人も少なくないようですが、それは大きな誤解です。
確かに恋愛や結婚などの悩みを占いで解消しようとする人はたくさんいますが、家庭関係の問題を相談する人も少なくありません。
そもそも恋愛や結婚というのは男女の人間関係を鑑定するものですから、家族というかたちの人間関係を鑑定するのもまったく問題はないわけです。
また、占いが信頼できるかどうかという問題はその人の考え方によります。
昔から「当たるも八卦当たらぬも八卦」といわれますが、家庭関係の問題で膠着してしまった状況を打開するために第三者のアドバイスを活用してみるのも意義のあるひとつの方法といえます。

子育てママの悩みは電話占いで解決

近年は少子化が社会問題ともなっており、その原因はいろいろ挙げられています。
それぞれの家庭にそれぞれの事情があるので一概に原因を特定することは難しいのですが、育児の大変さを知ると「もうこれ以上は無理」と二人目、三人目の子どもを持つことを諦めてしまうケースも珍しくはないようです。

子育ては夫婦でするもの

子育ては、母親だけのものではありません。
最近では子育てに積極的に参加する男性が「イクメン」などといわれてもてはやされていますが、そもそも子育ては夫とお互いに協力し合いながら行なうべきなのです。
それを今さらイクメンなどともてはやすのは、いささか見当はずれともいえるでしょう。
また、まだまだ世間には子育てに積極的に参加しない男性が多いどころか、母親にまったくまかせっきりというケースも少なくありません。
これは男性の根本的な考え方が改まっていないこともありますが、社会の仕組み自体が男性の育児への参加を難しくしているという面も挙げられるでしょう。

育児をする母親の悩み

いずれにせよ、子育てをする女性は不安やイライラ、ストレスを感じることが多いものですが、ママたちはどんなことが理由でそんな気持ちを抱いているのでしょうか。

まず、0歳から1歳くらいまでの子どもの場合に多いのが、頻繁に起こる夜泣きです。
昼夜関係なく泣くのでそのたびに面倒を見なければならないため、ストレスが募るだけでなく寝不足にもなりがちです。

子どもが少し大きくなると、夜泣きのストレスからは解放されますが、今度は「子どもをどのように叱ればいいのかわからない」という点が悩みとなってきます。
最近では育児書やインターネットなどで子育てに関する情報が手軽に手に入りますが、子どもの叱り方もいろいろな方法を知ることができます。
しかし子どもは機械ではないので、必ずしもそのような「マニュアル」が当てはまるとは限らず、試行錯誤を重ねて叱るしかないのです。
その時は自分では正しく叱ったと思っても、あとで「あの叱り方でよかったのかな?」などと思い悩むこともしばしばです。
食事の好き嫌いに関する悩みも多くの母親が持っています。
栄養バランスを考えて作った食事なのに、食べてくれない、一定のおかずしか口にしないとなると、母親としては不安になるのは当然です。

さらに子どもが大きくなると生じる悩みに、子どもの将来があります。
親とすれば将来子どもにできるだけ幸せになってもらいたいという思いから、良い教育を与えたいと考えます。
子どもに掛かる教育費は、幼稚園や保育園から始まり大学まで進学させたとして平均で2000万円ほどにもなるとされています。
私立校か公立校かなどによって費用は異なりますが、どんな道を進んだとしても最低1000万円は必要だといわれています。
教育費の問題ももちろんですが、学力や友人関係、反抗期などなど、子育てには数多くの悩みが付きまとうものなのです。

悩みの解消方法

これらの悩みを解消させるための手段はいくつか挙げられます。
夜泣きは赤ちゃんの生理的な現象で専門家の間でもなぜ夜泣きをするのか原因はわかっていません。
したがって夜泣きをやめさせるのは難しいのですが、なるべく時間を見て休息をとるなどして体力を保つことが大切です。
正しい叱り方も難しい問題ですが、絶対にNGなのが「怒りにまかせて子どもを怒鳴る」ことです。
常に冷静に優しく「どうしてこんなことをしたの?」などと子どもの言い分も聞く余裕が必要です。
そのうえで「でもそれはいけないことだ」と教えてあげると、子どもは自分の意見が聞いてもらえたと母親の話を受け入れることもできるというわけです。

好き嫌いには、子どもが食べやすいように料理をすることが重要です。
嫌いな野菜は細かく刻んで他の食材に混ぜたり、魚なら骨や皮を取り除くといったひと手間も大切です。
また、それらを食べなければならない「理由」をきちんと伝えることも必要でしょう。
たとえば「野菜を食べないと病気になって遊べなくなるよ」などと、子どもでもわかりやすく説明することがポイントです。
身体にいいからと無理やり食べさせようとすると却って拒絶反応を示すことも少なくないので、そんな場合には同じような栄養素を持つ別の食材に変更するのもひとつの方法です。

教育費については、国や自治体の子育てサポート制度を活用することをおすすめします。
「出産育児一時金」「児童手当」「育児休業給付金」などいくつかあるのでチェックしてみましょう。
また、学資保険を利用すれば進学時の費用負担を軽減できるかと思います。
そしてさらに重要なのが、子どものために少しでも貯蓄をしておくことです。
そのためには家計の見直しなどをして節約を日ごろから心掛けるようにしましょう。

悩んだら電話占い

こういった手だてを行なっても、不安やストレスはなかなか解消されないという人はまだまだたくさんいるでしょう。
母親が悩んだりストレスを抱えていては、子育てにもいい影響を与えません。
もちろん夫に相談するのが最適なのですが、電話占いに相談してみるのもひとつの方法です。
電話占いとは、電話を介して占い師と会話をしながら鑑定を行なってもらうというもので、今や占い業界では主流となりつつあります。
一般的な対面式の占いも悪くはありませんが、自宅で子育てをしていて時間がない、パートで忙しいというお母さんでも、電話占いなら空いた時間を利用して相談できるので人気が高いのです。

インターネット上にはたくさんの電話占いサイトがあるので、その中から自分に合ったサイトを選んで相談すればいいのですが、何しろサイトの数はかなり多いので、どこを選べばいいか迷ってしまうという人もいることでしょう。
そんな人のために、おすすめの電話占いサイトをひとつ紹介しましょう。

電話占いリノアとは?

それは「電話占いリノア」です。
リノアには数多くの優秀な占い師が所属していますが、すべて全国から募集、スカウトした中から厳選な書類審査やオーディションに合格した人たちのみなのでその実力は折り紙付きです。
また、占いのスキルだけでなく、相談者への気遣いや鑑定内容の伝え方、アドバイス能力など、占い師として適しているかどうかのポイントを多方面から判断しているので安心して相談できるはずです。

リノアのうれしいところは、利用料金にもあります。
子育てで家計にあまり余裕がなくても、鑑定は1分単位そして業界最安値で行なってもらえるので、相談する前にあらかじめ自分の予算金額を伝えておけばその範囲内で鑑定してもらうことも可能です。
またはじめて利用する場合には、初回登録特典として最初の電話相談が最大で10分間分が無料になります。
さらに、はじめて指名する占い師から15分以上鑑定を受けると5分間分の鑑定料がキャッシュバックされるといった特典もあります。
もちろん会員登録は無料ですし、会員登録フォームから名前、メールアドレスを入力してメールを送信して本登録をすればすぐに利用できると簡単手軽なのも多くの人から支持されている理由のひとつです。
相談は24時間365日可能で、サポートも9:00から23:00までオープンしているので事前にいろいろ相談してみてはいかがでしょうか。

子育ての悩みにはこの先生がおすすめ

リノアにはたくさんの優れた占い師が在籍していますが、その中から特に子育て相談で人気の占い師ならネイジュ先生が挙げられます。
ネイジュ先生の専門占術は霊感タロットをもとにして西洋占星術や西洋占術、オラクルカードを駆使して星の巡りで運命を読み解きます。
実際にネイジュ先生に鑑定をしてもらった子育てママたちの口コミを見ると、「とても話しやすかった」「育児で疲れていたが元気が出た」「相談して悩みを取り除いてもらった」「また相談したい」といったものが多数見受けられます。

子育てはひとりではできないのに、悩みや問題、トラブルが発生してもそれらを誰にも相談せずに一人で抱え込んだしまう女性は少なくありません。
夫に相談してもどうせ解決できない、話も聞いてもらえないと最初から諦めている女性が多いからなのでしょうか。
何だか昔からの日本社会の問題点が凝縮されているようです。

悩みを聞いてもらえる人がいないなら、占いに頼ってみるのもひとつの手段です。
誰かに悩みを聞いてもらうだけで、悩みの多くは解消されるともいわれています。
ひょっとすると、夫も一緒に電話占いで悩み相談をしてアドバイスを受けるのもいいかもしれませんね。

悩みはひとりで抱え込まないで シングルマザーにこそ占いを

欧米におけるシングルマザーはいわゆる「未婚の母」、または「結婚は望まないけれども子どもは欲しい」という女性が体外受精で出産する場合を指すのです。
しかし、日本では離婚や死別によって「独身」となった女性であっても、ひとりで子育てをしている場合はすべて「シングルマザー」と呼ばれています。

シングルマザーの現状

シングルマザー以外にも女性がひとりで子どもを育てている状況を指す言葉があり、たとえば「母子家庭」がそうですが、これはシングルマザーと20歳以下の子どもがいる家庭をいいます。
父親がひとりで子育てをしているのであれば「父子家庭」であり、父親は「シングルファーザー」となるわけです。

シングルマザーになった時の平均年齢は33.0歳で30~39歳が約40パーセントと最も多く、次いで20~29歳が約30パーセント、40~49歳が約16パーセントと続き、これらで80パーセント以上の割合を占めています。
では母親がシングルマザーになった時の子どもの年齢は?というと、平均年齢は4.7歳でシングルファーザーの6.7歳よりも低くなっています。
内訳は0~2歳が約34パーセント、3~5歳が約20パーセント、6~8歳が約12パーセント、その後は年齢が高くなるにつれて減っていきます。
シングルマザーになった理由は前述したように離別、死別、未婚の3つですが、年々死別の割合が減り離別の割合が増え続けている傾向にあります。

シングルマザーの就業状況は徐々に向上している様子がみられますが、一方収入はかなり水準を下回っているのが実情です。
子どものいる一般世帯の平均収入が約650万円なのに対して、シングルマザーでは220万円程度と大きな差があります。
このような状況を鑑みて、シングルマザーの場合には一定の条件を満たすことにより「寡婦控除」を受けることが可能となります。
これは所得控除のひとつで、通常で27万円、特定の寡婦と認められれば35万円の控除を受けられます。
しかしながら寡婦控除が受けられるのは死別や離別による場合のみで、未婚で子どもを産んだ女性は対象外なのです。
ただし未婚で子どもを育てる女性が増えているという現実から、「みなし適用」を実施している自治体もあります。

そんなシングルマザーの代表的な悩みといえばやはり生活に関すること、特に金銭的な問題が多く見受けられます。
他にも仕事や育児、教育など一般の母親と同じような悩みもあれば、子どもと実の父親との関係の悩みのタネという人も少なくありません。
さらに普通の女性としての恋愛や再婚に関することやそれに伴う相手の男性や子どもへの接し方、対し方など悩みは尽きないようです。

悩み多いシングルマザー

シングルマザーは母親の役割だけでなく父親としての役割もこなさなくてはならないため、肉体的、精神的にも非常にきついです。
また、近年はシングルマザーに対する世間の認識も変わってきており、以前ような偏見でみられることも少なくなってきつつあるとはいえ、まだまだ白い目で見られることもあるようです。
そんな状況や自分自身に不必要に引け目を感じるなどから非常にストレスを抱えているケースも目立つのですが、それを発散させる手段をあまり持っていないのも現実です。
シングルマザーにはシングルマザーにしかわからない悩みや問題がありますから、それを一般の主婦をしている友だちなどには相談できません。
親に対しては自分の決めたシングルマザーという道なので甘えられない、という思いもあります。
そんなことから、悩みやトラブルが発生しても自分一人ですべて抱え込んでしまいがちなのがシングルマザーの特徴でもあるのです。

悩んだら占いに頼ってみては?

そこでそんなつらい思いや状況を少しでも軽くするためにおすすめなのが、占いに相談してみることです。
占いというと悩んだ時、迷ったときなどに適切なアドバイスを受けて新たな道が拓けるといったイメージを持つ人も少なくないかと思います。
確かにそれも素晴らしい解決方法ですが、悩んだ時、迷ったときに誰かに聞いてもらうという行為そのものもまた、ストレスの発散になるのです。
占い師はあくまでも第三者の立場なので、親しい知り合いや友だちとはいえ相談するのには躊躇するようなトラブルや問題、内容でも気軽に話せるはずです。
人は悩んだ時、迷ったとき、それを誰かに打ち明けることで大半は満足するといいますが、占いならそのうえ的確なアドバイスを受けることができるので、さらに好都合というわけです。

電話占いで手軽に相談

「でも忙しくて占い師のところへ行く時間がない」「いくら見知らぬ第三者である占い師でも面と向かっては話しにくい内容だから…」
そんな人たちには、ぜひ電話占いを利用してはいかがでしょうか。
電話占いは従来の対面式の占いとは違って、電話を介して鑑定をしてもらうというものです。
わざわざ占い師のもとへ出向く必要がない上に夜遅くまで対応してもらえるので忙しい人や時間のない人でも大丈夫です。
また、電話越しの対応なのでお互いの顔は見えないから恥ずかしい内容などでも気兼ねなく相談できます。

電話占いを行なうサイトはインターネット上にたくさんあります。
その中から自分に合うと思われるサイトを探し、そこに所属する占い師を選んで相談すればいいのです。

シングルマザーの相談に向いている占い師の特徴とは?

ただし、電話占いサイトの数は非常に多いですし、それぞれのサイトに所属している占い師もたくさんいます。
そんな中から自分に合った占い師を見つけ出すのはなかなか難しいかもしれませんが、ここでシングルマザーの相談に向いている占い師の特徴をいくつかピックアップしておくので参考にしてみてください。

まずひとつ目が、シングルマザーの経験のある占い師です。
やはり実際に経験をしているという点において、その状況や苦しみ、悩みなどを共有できるのは非常に大きな要素といえます。
そのうえで、的確なアドバイスを与えることもできるはずです。

ふたつ目が、聞き上手な占い師です。
特に子どもが小さいシングルマザーの場合には、日ごろどうしてもなかなか話をする相手が存在しません。
ただ誰かに悩みを聞いてもらうだけでもストレスが発散されったり気分がスッキリすることもあるので、聞き上手な占い師なら適任だといえます。
ただし注意しなければならないのは、ただダラダラと愚痴や悩みを言い募るというのはNGであるということです。
電話占いの多くは通話時間に料金が掛かってくるので、気が付いたときには思わぬ支払いになっているかもしれませんからね。

電話占いウィルがおすすめ

数多い電話占いの中から、シングルマザーの悩みの相談におすすめできるサイトをここでひとつ紹介しておきましょう。
そのサイトとは「電話占いウィル」です。
サイトを利用するにはまず会員登録が必要ですが、サイト内の登録フォームから必要事項を入力し空メールを送信すればウィルから確認メールが届くので、そこにあるURLからログインすれば登録は完了です。
このように簡単に登録してすぐに利用できる手軽さから、会員数を増やしています。
その際に「お試し鑑定」として3,000円分のポイントが貰えるのはうれしいですよね。
鑑定は電話でももちろん可能ですが、占ってほしい先生となかなかコンタクトが取れない、電話といえども話をするのが苦手、といった人なら、メール鑑定や業界初でウィル独自のシステム、ボイス鑑定も利用できます。
これなら周りや時間を気にすることもありませんし、じっくりと自分の気持ちをまとめて相談することができます。

同じ立場を経験した先生がいる

ウィルには優秀な占い師がたくさん在籍していますが、その中で特にシングルマザーの悩みの相談におすすめなのが、「縹(はなだ)先生」です。
縹(はなだ)先生はご自身もシングルマザーとして生活をしていた経験を持っているために、きっとそのつらい気持ちや悩みを理解してもらえることでしょう。
先生は鑑定を通じて自分の進む道を知ることができることが心の支えとなり、導かれるように鑑定師となったといいます。
得意な占術は、霊感、守護霊対話、思念伝達、想念伝達、チャクラ、などなど霊感に関するものが多くみられます。
そして非常に特徴的なのが「ハイヤーセルフ」というものからメッセージを届けるという鑑定法です。
ハイヤーセルフとは、何度も生まれ変わっているあなた自身の魂のことで、過去のいくつもの経験から悩みの原因や今後の方針などをアドバイスしてもらえます。

ひとりで悩む必要はありません。
気分が楽になるなら、占いに頼ってみるのもひとつの方法ですよ。

介護に関する悩みは誰かほかの人に悩みを吐き出したほうが楽になれる

自宅で親の介護をしている過程が多くいるかもしれませんが、多くの場合何らかの悩みを持っていることがあるでしょう。介護の場合は先々の見通しや目標を見出しにくいということが言えるでしょう。介護される者だけでなく実際に介護をする人にとってもつらいことでしょう。今回は介護の悩みについてどのように解決していけばいいのかということについて説明させていただきます。

終わりが見えないというつらさがある

育児や看病などと違って介護は近い将来について予測することができなかったりします。最初の頃であれば必要だからということで負担に感じることがないわけですが、介護をしなくていい状況になることはあり得ませんので、時間が経過するほど不安に感じることがあるでしょう。

常に一人で介護をしている人にとっては、なかなか悩みを打ち明けるタイミングが無く、燃え尽き症候群や介護うつにかかったりし、場合によっては親などの介護される者を殺すというような残虐なことだってあり得ることです。

介護される側が無くならない限りずっと続くと言ってもいいでしょうから、される方の高齢化と体力の低下、する側も同様に高齢化による老老介護という問題が出てきます。いわば、介護の共倒れ状況に陥ったりします。

家族のバランスが崩れる

介護というと家族問題という側面があり、肉親を介助するのは誰かという問題が出ています。お互いが負担を押し付け合うということもありますし、家族のバランスが崩れてしまうということもあります。誰かに負担を押し付けたり受け取ったりということがありますので、家族のいざこざが絶えなかったりするでしょう。

肉親を無理に介護するということになると、場合によっては夫が会社を辞めたりします。まだ子供がいて教育費にお金がかかるという時に辞められると困ってしまいます。だからと言って、介護する人がいないのであれば、夫がやらなければいけないので、その場合は会社を辞めてでもやらないといけないケースが出てきます。

肉親を無理にでも介護をするともなると、お互いがお互いのことをつらく当たってしまい自己嫌悪に陥ってしまい、お互いが介護ということでケンカをしてしまうことが起きます。お互いの家族が何を望んでいるのかということを確かめ合わないといけないでしょう。

経済的な負担がかかってしまう

介護については終わりが見えませんので、そのために経済負担が馬鹿にならないです。在宅介護の場合ですと1か月に平均7万円ほどがかかるというデータがあるように、それなりにお金がかかります。ショートステイや住宅改修などをするとなるともっとお金がかかります。さらに病状が悪化して入院や手術の費用だって掛かるでしょう。

要介護度が低い状態であれば、まだ自分たちでもやれることがありますが、要介護度が高くなったり医療に依存することが多くなるともう自宅ではどうにもならないことがあります。在宅介護ではなく施設介護になるともってお金がかかるという状況に陥ります。確かに介護保険制度がありますが、それでも自己負担をする必要があったりします。

お金がない場合はリバースモーゲージという方法でお金を借りることが可能

お金が無くて介護費用が賄えないということであれば、持ち家がある人に限ってはリバースモーゲージという方法でお金を借りることができます。持ち家を担保にすることにより銀行や自治体からお金を借りるという方法になります。借りたお金については介護費用としてデイサービスを受けたり、施設に入れるということが可能です。

融資ということであれば、金融機関や自治体にお金を返さないといけないと思うかもしれませんが、リバースモーゲージの特徴として借りたお金は介護をされる側が死亡した時に、担保として差し出した家を売却することで返済をしていきます。残された家族としては家が無くなることは確かにデメリットに当たりますが、介護費用が賄えなくて困っているならば検討する価値はあります。

介護の担当者に相談をする

介護保険を利用してサービスを受けているのであれば、担当のケアマネージャーがいたり、ホームヘルパーや地域包括センターの職員などがいるのではないでしょうか。一番大事なのは悩んでいることを包み隠さないことです。自分の気持ちを我慢する人はとても多いですが、不安なことは不安だとかしんどいことはしんどいということを吐き出したほうがいいです。こういう気持ちをきちんと伝えることにより、最悪な状況を防ぐことができます。

介護保険制度は確かに介護される人が重要なことではありますが、介護する側の負担軽減も目的としてあります。家庭にずっと押し付けてきた介護ということを、社会全体で担って行こうというのが趣旨です。現状に合っていないのであれば、ケアプランを変更することを考えてみてはいかがでしょうか。介護を受ける川の状況も変わっていきますので、都度見直しを検討するべきです。

介護保険の制度上の相談については介護担当者に当たる人に相談をすればいいでしょうし、介護保険を利用したいのであれば自治体に相談すればいいでしょうし、介護に纏わる家族問題で悩んでいるのであれば占い師に相談してみるという手があります。介護保険の制度上のことについては占い師に相談しても適切な返答は返ってきませんが、家族のバランスが崩れているなどのことで悩んでいるのであれば、相談する価値はあります。

介護に纏わる悩みはタロット占いがいい

介護の問題というのは自分たち家族だけではないかと思ってなかなか相談できなかったりします。そういう問題はなかなか外に現れることではありませんので、他人にはなかなか見えないです。しかし、実際には誰かに相談したいと思っているはずです。自分たちの家族で起きていることはもしかすると周りでも起きている可能性があります。

介護に関する問題についてはなかなか電話占いで相談することができなかったりしますが、家族問題とか親族の問題に関わっている占い師であれば取り扱ってくれることがあるでしょう。やはりそういう問題に強い占い師を選ぶべきです。

介護に纏わる悩みがあるのであれば、未来にどうなるのかということをしれればいいと思うものです。そういう時にいい占術がタロットカードです。タロットカードは占い師が勝手に引いて鑑定していると思うかもしれませんが、占い師としてはそれなりの理屈があります。相談者の話を聞きながら理屈に従って引いて鑑定をするということです。

タロット占いは未来を知ることができればいいなあということを叶えてくれる占いです。未来が完全に当たるということは少ないかもしれませんが、未来にそういうことが起きるかもしれないから気を付けて行動しようねということを教えてくれます。人生の道しるべとなるべきものと考えてください。

介護に関する悩みなら電話占いピュアリがいい

介護に関する家庭問題や親族問題ということで言えば、電話占いピュアリが相談する電話占いサイトとしてふさわしいということが言えます。何といっても他の比べて相談者の満足度が高いからです。総合的に在籍している占い師のレベルが高いですし、運営サイドにしてもサービスの良さが伝わってくるほどです。占い師でハズレを引くということはなさそうですが、一応口コミなどでチェックをしたほうがいいでしょう。

在籍人数が多いので、様々な占術を使う占い師を探すことができるでしょう。占術や相談内容からふさわしい占い師を検索することが可能です。占術や相談内容にしてもかなり細かく分類してありますので、ピンポイントに自分が求めるものを選ぶことができます。ただ、介護については項目に無かったので、家庭問題や親族問題という項目をチェックすればいいでしょう。

おすすめの占い師1:希林先生

希林(きりん)先生は電話占いピュアリの中でも家庭問題に強いということで評判になっているほどです。長年をかけていろいろな占術をマスターしており、介護問題があるならばそれにピッタリな占術で占ってくれることでしょう。家庭問題に何よりも強いですので、関係がぎくしゃくしているなどの悩みがあるなら、ぜひ鑑定を受けてみてください。

おすすめの占い師2:美愛先生

美愛(びあん)先生はタロット占いを使った鑑定を行っています。霊的なリーディングとタロットを使いながら魂レベルで交信をすることができます。魂というのは何度も生まれ変わってきますが、それを丁寧に読み解いて介護問題についてアプローチし、その解決策を提示してくれます。

主流は電話占い

現在占いは昔のような占い師のもとを訪れて鑑定をしてもらうような対面式のものよりも、電話占いほうの人気が高まっています。
電話占いとは、占いサイトに所属する有能な占い師と電話を介して悩みを相談するというシステムです。
わざわざ占い師のところへ出向く必要もありませんし自分の好きな時間に利用できるので、忙しい人や時間のない人でも気軽に利用できます。
また占い師と直接顔を合わせることがないので、面と向かっては恥ずかしくて話せないことや本音を口にしやすいといった点もメリットとして挙げられます。
今や占い業界では、対面式よりも電話占いのほうが主流となりつつあります。

電話占いヴェルニとは?

そんな電話占いのサイトはインターネット上にたくさん存在しており、利用する際には自分にあったところを選べばいいでしょう。
しかし、サイト数が多過ぎてどこを選べばいいのか判断できないという人のために、おすすめの1件を紹介しましょう。

それは「電話占いヴェルニ」です。
ヴェルニは創業14年の実績を誇る老舗の電話占いサイトです。
在籍する占い師の数は400名以上にのぼりますが、彼ら彼女らはすべて厳正なオーディションをクリアした選び抜かれた「本物」の占い師ばかりなので安心して相談できます。
オーディションへは毎月100名前後の応募があるのですが、最終的に採用されるのはわずか3パーセントです。
そんな中特筆すべきは、占いの的中率だけで判断するなら採用率はもっとアップするにもかかわらず、占いのスキルだけでなく相談者への心遣いや寄り添いの心、相手に伝える能力などいろいろな点を考慮しているからこそ「狭き門」となっている点です。
また、全国の有名な対面式の占いの館とコラボレーションすることで、さらなる優秀な占い師の鑑定を受けることが可能となりました。

占い師のレベルの高さもさることながら、ヴェルニではさまざまなシステムがサイトの使い勝手を向上させています。
実際に鑑定を利用した相談者の声を知ることができる「レビュー機能」や希望する占術や相談内容に対応する占い師を検索できる「占い師検索システム」などのほか、相談したい占い師と時間が合わなかったり話をするのが苦手などの理由で直接会話ができない場合には、メールで鑑定を行なうシステムもあります。

家庭に関する悩みを相談しよう

占術は透視や霊感・霊視、霊感タロットをメインにその他たくさんの方法で鑑定を行ないます。
家庭関係に関する悩みの相談を得意とする数多い占い師の中から、ひとりの先生をここで紹介しましょう。

それは「香海(コノミ)先生」です。
霊能家系に生まれた香海先生は、幼いころからその天性の霊能力を活かしてさまざまな鑑定を行なっています。
霊感・霊視、スピリチュアル、チャネリング、姓名判断などによる鑑定を得意としています。
まずは相談者の名前とその漢字表記、生年月日、相手がいるならその名前と漢字表記、生年月日を伝えます。
その際相談者の電話による声を聴きながら「魂の声」を映像化、さらにチャネリングからの問題解決へと導いてもらえます。
他にも鑑定中にヒーリングや波動修正も行なってもらえるので、問題が解決するだけでなく心と身体が浄化され癒しと元気を取り戻すことができるという優れモノの鑑定なのです。
香海先生の鑑定は、相談者の心を軽く光に満ちた幸せな未来へ導いてくれることでしょう。

この他にもヴェルニには多くの優れた占い師が在籍しています。
悩んだ時、迷ったとき、自分ひとりの力だけでその状況を打破しようとせず、占いというアプローチからアドバイスを得てみるのも解決方法のひとつかと思います。

関連記事