Pocket

最近は何でもハラスメントになってしまいますが、中でも深刻なのはセクハラやパワハラです。最悪は仕事を辞めることになります。精神的に病む人も少なくありません。とはいえ誰に相談しても納得できる結果は得られません。逆に居づらくなることも多いでしょう。ならばまったくの第三者に聞いてみるのもよさそうです。

具体的なハラスメントの悩みとは

1.上司から叱られる

かつて当たり前だったことが、今ではハラスメントになります。例えばパワハラです。上司が部下を叱る。どこまでが許されて、どこからがパワハラになるのでしょうか。

失敗しないように指導するのが上司の役目なら、部下の失敗を責めるのは、自業自得、嫌がらせであり、八つ当たりかもしれません。ならばパワハラに認定されるでしょう。

とはいえハラスメントは、いじめと同じであり、受け手がどう感じるかです。教育的指導と考えるか、パワハラか。親にも怒られた経験のない若者であれば、ちょっとした指摘がパワハラに感じてしまうようです。

言い換えると、上手く叱れる上司が減っているのも事実でしょう。大切なことは、感情的な怒りと、指導的な叱りは別物ということです。受け手の側も、本当にパワハラなのか、冷静に分析する必要はありそうです。

2.残業するように言われた

仕事で成果を上げるのは当然です。結果を出すから給料がもらえるのです。もちろん行き過ぎたブラック企業もあるでしょうが、どこからがブラックなのでしょうか。例えば残業しろと言われたら、それはパワハラでしょうか。

昭和の時代は仕事優先でした。しかし最近は働き方が問われています。またプライベートを重視する傾向もあります。夜に予定を入れていたのに、急に上司から残業を強いられたら、断ってはいけないのでしょうか。

その基準は、残業しないと査定に影響するぞ、などと脅し文句があるかどうかです。上司の言い方にも問題があるでしょう。日本はチームワークが大切なので、皆で一緒にやろう、そうした姿勢が見られるかがパワハラとの境界です。

3.営業先の担当者から食事に誘われる

パワハラより深刻なのがセクハラです。こちらもかつてなら当たり前だったスキンシップが、今では重大な事件になります。女の武器という言い方もありましたが、女性の社会進出が進むと、様々な部分で軋みが生まれます。

例えば女性が営業に行くと、相手企業の担当者から食事に誘われたりします。契約を条件に出してくるかもしれません。ここまでくるとアウトです。完全なセクハラです。もちろん単純な恋愛感情もあります。ストーカーとも紙一重です。

何らかのトラブルがあれば、担当を変えてもらうべきでしょう。それもだめなら、最悪は仕事を辞めるべきでしょうか。日本社会の古い体質、制度的な問題もありますが、そう簡単にセクハラが根絶することはありえません。

4.就職面接の担当者から私的なメールが来る

今問題視されているのは、女子学生が就活する際に起きるセクハラです。好景気で売り手市場とは言いますが、それでも学生は弱い立場です。面接会場が密室化しない措置はとられるでしょうが、それでも限界はあります。

個人的に面接官から限りなく私的なメールが届くこともあるでしょう。こちらの個人情報を提出しているのでしかたありません。採用の条件に使われることも多いようです。そんな企業に行くべきではないですが、自分の夢もあります。

セクハラの事実があれば、大学の担当者と相談すべきでしょう。最近ではそうした事例も増えています。とはいえ噂は会社内に広がります。無事に入社できたとしても、順調に仕事できるかは疑問です。

ハラスメントの悩みを解決するにはどうするか

1.友達に相談する

女性同士の友達なら、セクハラに共感できるかもしれません。お互いに愚痴を言い合うこともできます。とはいえ友達同士なら、根本的な解決にはならないでしょう。違う会社や弁護士を紹介してもらうくらいです。

パワハラに関しても、友達では限界があります。上手く逃れるテクニックを教えてもらう、ストレス解消に付き合ってもらうくらいです。

2.家族に相談する

会社でのセクハラやパワハラに悩んでいるなら、家族に相談してみましょう。それが理由で精神的に病んでしまったり、自殺をして、一番悲しむのは家族だからです。まずは悩みを打ち明けましょう。

親が企業に改善を求めたり、弁護士を通じて訴えることもできます。パートナーや子供とは、仕事を辞める、転職する相談もできます。家族が苦しむ姿は、誰も見たくありません。経済的な問題よりも、心の安定を優先すべきだからです。

とはいえいじめも含めてハラスメントの問題は、誰にも相談できないことかもしれません。家族に心配を掛けたくないとして、被害者が1人で抱えてしまうことこそ、諸悪の根源です。

3.上司に相談する

会社内の話なら、上司に相談するのが一番であり、本筋です。直属の上司から嫌がらせを受けているのであれば、その上に相談しましょう。大きな会社であれば、トラブルを解決する相談窓口があります。まずは話をしてみましょう。

ただしほとんどのセクハラやパワハラは、適切な対応が行われないようです。相談しても間接的に、我慢しろ、お前が悪い、などと言われます。社内で波風を立たせないのが、有能な社員だからです。相談すると査定に響くかも。

そもそも社内で解決できるような組織であれば、パワハラやセクハラは起きないはずです。企業文化としてハラスメント体質があれば、相談するだけむだかもしれません。

4.電話占いを試してみる

ハラスメントの問題は、利害関係のない第三者と相談するのが一番です。そういう意味で友達はよいのでしょう。しかし具体的な解決策は見出せません。もちろん裁判沙汰にする勇気やお金もありません。

そこで試してみたいのが電話占いです。一人で悩んではいけません。まずは占い師さんに話してみましょう。客観的に現状を分析してくれます。あなたの単なる思い込みのこともあるからです。

鑑定士さんには、すべてが視えています。あなた隠していることもお見通しです。そのためすべてをはっきりと打ち明けましょう。そうした上で、適切な助言が得られるかもしれません。

占いでハラスメントの悩みを解決できるのか

1.占いが悩みを解決してくれる理由

ハラスメント対策で電話占いをすすめる理由は、客観的にものごとを把握できるからです。気持ちの整理にもなります。仕事を辞めた方が得する場合もあるからです。

認めたくはありませんが、ハラスメントを受けやすい性格や言動もあります。それを正してくれることもあります。ただ日々の行動を変えるだけで、ハラスメント被害が無くなることも稀ではないからです。

多くの被害者から相談を受けてきた鑑定士さんだからこそ、適切なアドバイスを受けられます。それで救われた人が少なくありません。

2.ハラスメントの相談をしやすい占いサイトはピュアリ

ハラスメントの相談をしたいなら、電話占いのピュアリがおすすめです。ピュアリは電話占いのランキングでは何度も1位を獲得しています。会員数は15万人を超えており、超有名サイトです。もちろん有名なだけではなく、悩みの解決率や納得率も抜群です。

ピュアリをおすすめする理由は、経験豊富なベテラン鑑定士さんが多数在籍しているからです。使われる占術、鑑定する範囲も多い、かつ親身になって話を聞いてくれる点こそが、リピート率が高まる要因なのでしょう。

3.ハラスメント占いに適した占術はリーディングです

パワハラやセクハラは、社会で解決すべき問題です。とはいえ所属する会社の対応を待っていては時間が無駄に進むだけで何も変わりません。そこでまず自分から変わってみる、その際のアドバイスをくれるのがリーディングです。

一般的に占いでは未来や運命が決まっていると考えがちですが、リーディングは違います。未来は変えられる、幸運は引き寄せることができる、それがリーディングの本質です。自分の殻を破ってくれるのがリーディングであり、ハラスメント対策に有効です。

ハラスメント相談におすすめの占い師さんを紹介

電話占いピュアリの中からリーディングでハラスメントの悩みを解決してくれる先生を紹介します。

1.咲耶ローズマリー先生

咲耶(さや)ローズマリー先生は鑑定歴26年の超ベテランです。主に生年月日、干支、血液型、母音などを使った総合占術を使います。得意分野は恋愛や仕事を含めた人間関係です。相談すれば、相手の気持ちを察する力が得られるでしょう。

咲耶先生は、他の一般的な鑑定士さんとは異なる占術で、相談者にとって適切な方向性を導いてくれます。それがリーディングなのです。まず先生と会話することで癒しがもらえます。それだけでも気持ちが安らぎ、悩みを解決する一歩を踏み出せるでしょう。

2.愛理先生

愛理先生は、鑑定歴8年ですが、最近特に人気が急上昇しています。主な占術として霊感やスピリチュアルリーディングを使います。得意分野は恋愛などの対人関係、そしてハラスメントです。いじめなどの人生相談にも対応してくれます。

愛理先生は「一つのルールに縛られる必要はない」と考えています。日本社会にある変なルールに囚われていませんか。それがハラスメントを生み出しています。自分のルールも破ってみましょう。そこから新しい相手との付き合い方が見えてくるでしょう。

勇気をもって前へ進もう

社会は変わってきましたが、組織によっては話が通じないこともあります。景気が良い間に転職する方法もあります。適切な助言を受け、勇気をもって前へ進みましょう。あなたが変われば、会社や組織も変わります。

関連記事