Pocket

将来叶えたい夢はありますか。とはいえ今の若者たちには明確な夢がないようです。夢が持てない社会だからではなく、何でもできてしまうからおもしろくないのかもしれません。しかし誰もが、ふと、将来どうなるか不安になることもあります。そんな時は誰に相談すればよいのでしょうか。

具体的な将来の悩みとは

1.叶えたい夢がある

働き方改革が国会で議論されていますが、国民にとって本当に正しい働き方とは何でしょうか。正社員になって生活を安定させたい人がいる一方で、叶えたい夢に向かってバイトに明け暮れる人もいます。お笑い芸人などが典型です。

とはいえ今のままでよいのでしょうか。頑張れば本当に将来、芽が出るのでしょうか。逆に夢を求めるのは、何歳までか、年齢制限はあるのでしょうか。定年後の第二の人生を待つべきか。どこかで決断すべき時があります。

夢を追い求めている間は楽しいですが、病気や怪我で断念する時が来たら、急に不安が持ち上がります。それでも頑張れるでしょうか。だからこそ夢の追求に踏み切れない若者が多いのも事実です。

2.二十歳を過ぎてもやりたいことが見つからない

毎日ただダラダラと生活していませんか。二十歳を過ぎても、やりたいことが見つからない。とりあえず大学へ入り、とりあえず就職して、とりあえず言われたままの仕事をしていませんか。もちろんそれも人生です。納得しているのであれば、そのまま続けるべきかもしれません。

しかし何か充実感がありません。だからゲームや二次元の世界に没頭します。それも悪くはありません。引きこもっていても生活できているなら、問題ないはずです。とはいえ今の生活から抜け出したいと思いませんか。3年後や10年後に出会う将来の自分を想像できますか。

3.結婚は人生における正しい選択なのか

結婚に対する悩みもあるでしょう。今付き合っている相手と結婚して正解なのでしょうか。そもそも結婚する必要はあるのでしょうか。特に女性は、子供が欲しい!そんな希望があるようです。ならばパートナーが必要です。

結婚は勢いです。変に計画を企ててしまうと、逆にできなくなってしまいます。子供ができたら責任が生まれますが、性格が合わなければ、離婚という手段もあります。今の時代、離婚歴はマイナスになりません。経験者だからこそ、次の選択は正しく選べるでしょう。とりあえず結婚も悪くはありません。

4.漠然とした将来の不安

今の若者に質問すると、半数以上が老後に不安を抱えています。先のことを考えずに突っ走れるのが若者の特権でもありますが、老後のために貯蓄に励む若者が多いようです。医療の発達により、100歳まで生きなければならない時代だからです。

日本は世界に誇れる年金制度があります。とはいえ年金は本当にもらえるのでしょうか。そもそも基礎年金だけでは事実上生活できません。仕事を失えば、即生活保護のお世話になります。そんな漠然とした将来への不安もあります。

怪我や病気で働けなくなったらどうしよう。保険に入って万が一に備えるべきですが、本当に起きるかどうかわからないことで悩むのはバカらしいです。もっと前向きに生きた方が、良い方向へ進めるのも事実です。それを誰かに言ってほしくないですか。

将来の悩みを解決するにはどうするか

1.友達に相談する

学校や会社の友達と毎日会話しています。その中で将来に関する話も出てくるでしょう。同僚との飲み会の席で、社長になる!勇ましい発言もありそうですが、逆に今の会社に居続けるべきか、不安もあります。

そんな将来の悩みを相談できるのが友達です。日々会話していれば、お互いの事情がわかってきます。客観的な意見が聞けるでしょう。自分では見えない自分の長所や短所を知っています。それを教えてもらえるだけでも、将来への参考になるはずです。

ただし友達はあくまでも他人です。自分の将来に責任を持ってはくれません。適当にいい加減なことを言っているかもしれないし、ライバルを蹴落とそうとしているかもしれません。どこまで信じるべきでしょうか。

2.家族に相談する

将来の悩みを相談する相手は、もちろん家族です。所帯を持っていれば、第一に相談すべきでしょう。転職するとしても、苦楽を共にしてくれるのか、それだけで決断する勇気がもらえます。

ただし肉親だからこその醜さがあります。遺産相続における骨肉の争いは、ドラマではなく現実です。親子や兄弟こそ利害関係が直接絡みます。親族のエゴが強く出ます。財産を巡って殺人まで起こります。

中には親の世話、介護といった悩みもあるでしょう。介護離職が流行語になってしまいました。厳しい現実にどこまで対応できるのか。家族には心配をかけたくないから相談できないことも多いです。

3.専門家と相談する

将来における経済的な不安があれば、ファイナンシャル・プランナーに相談しましょう。今入っている保険は正しいのでしょうか。将来的にどれくらいのお金を準備しておくべきか、プロに助言を求めるのがベストな選択です。

法律的な相談なら弁護士です。進路なら学校の先生、そうした専門家に相談するとよいでしょう。的確な助言がもらえます。自分の知らなかった選択肢を提示してもらえます。人間は、知らないから不安になるのです。そのため知るということが、不安解消の第一歩です。

4.電話占いを試してみる

将来の悩みは、近い人ほど相談できません。変な悩みを抱えていると、逆に心配されてしまいます。そういう意味では、まったくの第三者に話を聞いてもらった方が、落ち着くこともあります。

ならば電話占いを試してみませんか。初めは軽い気持ちでけっこうです。愚痴をこぼすだけでもよいでしょう。それでけでも肩の荷が軽くなります。

そのついでに、いくつかの助言をもらいます。もちろん助言に従う必要はありません。最終決断は、本人にしかできないからです。迷った時に背中を押してもらえます。それだけで勇気が出るのも事実です。

占いで将来を決めて良いのか

1.占いが悩みを解決してくれる理由

将来の悩みは、身近にいる親や友人に相談するのが正しい方法かもしれません。しかし近い人だからこそ、利害関係が生まれます。参考にすべきではありますが、鵜呑みにしてはいけません。ならば占いも同じことでしょう。

占いは非科学的かもしれません。とはいえすべてが科学的に解決できるのでしょうか。地震などの天変地異を今の科学技術で予測したり回避することはできません。最新医学であっても治せない病気は多くあります。ならば非科学的な部分に頼っても、おかしくはないでしょう。

2.将来の悩みを解決してくれる占いサイトはクォーレ

どのサイトを選んでも、基本的に問題ありません。どのサイトでも、将来に対する相談ができます。とはいえあなたが選んだサイト、そして今読んでいるサイト、そこに巡り逢ったのも、何かの縁です。既に導かれているのです。

そこで紹介したいサイトは、クォーレです。クォーレは創業が1994年であり電話占いとしては老舗です。長く続くには理由があります。自分に合った鑑定士さんがすぐに見つかるからです。ベテラン鑑定士さんが多くかつ長く在籍していることもクォーレの魅力です。

3.将来の悩みを解決するのに適した占術はタロット

どんな占い方法でも将来を視ることはできます。しかし将来の悩みに関して適した占術があります。例えば、占いの定番でもあるタロットです。

タロットは、絵札である大アルカナ22枚、数札である小アルカナ56枚、計78枚のカードを使う占い手法です。主に中世ヨーロッパで発達し、現在の形は14世紀のイタリアで確立したと言われています。

生年月日などパーソナルデータを必要としないのがタロットの特徴であり、めくるカードが将来のあなたを意味しています。状況に応じたカードの解釈も、鑑定士のテクニックとして捉えられています。

相談におすすめの占い師さんを紹介

電話占いクォーレの中からタロットで将来の悩みを解決してくれる先生を紹介します。

1.ノア先生

ノア先生は、占い歴25年以上のベテラン鑑定士さんです。主な占術としてタロット、エンジェルカード、そしてインスピレーションなどを使います。また得意分野は人生相談、そして仕事上の悩みなどです。今のままでよいのか、将来に対する漠然とした不安を解決してくれるでしょう。

ノア先生のモットーは「人生は可能性に満ちている」です。可能性のない人はいません。自信を失っている人は、先生に勇気づけてもらうことができます。先生はカウンセラーとしての経験があるため、どのようなパターンであっても、適切なアドバイスがもらえるはずです。

2.ねね先生

ねね先生は、占い歴17年以上のベテラン鑑定士さんです。主な占術としてタロット、西洋占星術などを使います。また得意分野は恋愛を含めた人間関係や仕事の悩みなどです。仕事を辞めたい、もっと新しいことをしたい、などチャレンジする時のお手伝いをしてもらえるでしょう。

ねね先生のモットーは「未来は自分で作っていくもの」です。一見突き放しているように思えますが、自ら判断できるような適切なアドバイスをします。自分で決断できる方法を会得してその勇気を持てるようになれば、自ずと将来が拓けていくからです。

後悔したくなければ前へ進もう

「夢は叶わない」と言われますが、叶わないから夢なのかもしれません。とはいえ将来をあきらめてはいけません。小さな努力を続けていけば、将来が拓けてくることもあります。後悔したくなければ前へ進みましょう。見えない力は、日々努力を怠らない人を後押ししてくれはずです。

関連記事