Pocket

トラウマやうつなどの心の問題で苦しんでいる人が多くいます。今は不安を感じざるを得ないという状況の中で、そういう問題で苦しむ人が多くいるというのが現代の特徴ではないでしょうか。トラウマやうつというのは得てして周りの人になかなか理解されないことが多いので、そういう意味で本人が余計に苦しむという悪循環が生まれたりします。そういう心の問題を解消するためにもどういう症状なのかを理解すると共に、どういう解決策があるのかを知ることにしましょう。

PTSDにかかってしまう

つらい出来事がトラウマとなると、さまざまな疾患を発症します。そういう疾患のことをPTSD(心的外傷後ストレス障害)と呼ばれ、15人に1人が軟化のきっかけによってかかると言われている疾患です。命の危険を感じたり、どうしようもない強い力に支配されたり、震災などの自然災害が起きたりすることで強いショック体験をすると、心にダメージを受けて時間が立ったとしても、強い恐怖を感じてしまい、それがトラウマとなって残るわけです。

同じような経験をしたとしても全員PTSDにかかるかというとそういうわけではなく、かかる人とかからない人が出てくるわけです。かかる人は心が弱いのかというとそういうわけではなく、筋骨隆々で強そうな人であってもかかる人はかかるのです。いわば、誰でもかかる可能性がある心の問題だということが言えるでしょう。

PTSDは具体的にどういう病気なのかというと、突然怖い体験を思い出して精神的に取り乱したり、不安感や緊張感がずっと続いてリラックスできなかったり、めまいや頭痛が出てきたり、不眠症にかかったりすることがあります。つらい経験をする時には誰しもつらいわけですが、多くの人の場合は1か月ぐらいしたら気持ちが安らいでいきますが、PTSDの人はずっとつらい症状が続くということです。

うつ病にかかってしまう

心の問題による病気として代表的なものとしてうつ病があります。具体的には眠れないとか食欲がない、気分がずっと沈み込んでいる、何をしたとしても全然楽しめないということが継続しているのであれば、うつ病の可能性が出てきます。

ストレスが重なってうつの状態になり、様々なことが要因となって脳の働きが悪くなるわけです。脳の働きが悪いから、否定的にものを見たり、ダメ人間だと思ってしまうわけです。これは単なる心の問題として片づけるのではなく、病気という風に認識したほうがいいです。普段ならば乗り越えられるようなストレスが病気だから乗り越えられないという悪循環が起きています。

もしかすると自分では気づかないということがあり得ます。ただ、周りの人がいつもと違うなあと感じることもあるでしょう。表情が暗くなったとか、反応が遅い、落ち着かない、飲酒量が増えるなどについては周りから見た方が分かります。頭が痛いとか、体がだるい、食欲がない、めまいがするなどの体調の変化が見られることもあります。

精神科や心療内科を受診する

先ほど挙げたトラウマやうつなどの心の問題は、ひどくなってくると精神疾患になります。具体的にはトラウマがひどくなるとPTSD、うつがひどくなるとうつ病になります。こうなってしまうともう病気ですので、精神科や心療内科を受診したほうがいいです。どちらにしても肉体的に影響が出ているのであればなおさら薬をもらって、服薬治療を受けましょう。つらい症状を取り除くという意味で言えば服薬治療は効果的です。

病院では服薬治療を受けるだけでなく、トラウマやうつに至った根本的な原因を探ったりする精神療法も同時に行われることが多いです。肉体的な症状を直しただけでは根本的な治癒にはつながりませんので、精神療法を活用しながら心のキズを癒していくということが行われます。ひいては、別の捉え方をすることで難なく日常生活を送れるようにするということです。

こういう心の病気と呼ばれるようなものは完全に治癒するまで相当時間がかかります。気分がいいからと言って勝手に治療を止めるとまたぶり返すということにもなりかねません。病気ですからいつかは治るというような意識で居るといいでしょう。

カウンセリングを受けてみる

肉体的に何らかの影響が出ていない軽いものであれば、カウンセリングを受けるというのでもいいのではないでしょうか。病院ではないので薬が出るというわけではありませんが、心の問題に対して何らかのアプローチをしてくれます。

カウンセリングというのは心の問題を持っている人に対して、話を聞くことによってそれを解消していきます。心に何か問題がある人というのは、心の中にもやもやがあったりしますので、カウンセラーはそれをうまく言語化することを助けます。言語化して何か発することによって問題に取り組み、解決策を自分で見つけたりします。

カウンセラーはただただ人の話を聞くことをします。落ち着いた環境でくつろぎながら話をしてもらうということです。話をすることによって自分がどこが問題だったのかということに気づくことができます。

カウンセラーと同じようなことをしているのが実は占い師だったりします。占い師も人の話を聞きながら解決策を提示したり気づきを与えたりします。人生経験が豊富な人が多いですので、心の病気を抱えている人でも占いも有効です。

心の問題を軽くする占術として霊視・霊感がある

いくら占いが効果があるとはいっても病気を治すことはできないと言ってもいいでしょう。ただ、病は気からというように心の問題を軽くするために占いを利用するのは全然構わないでしょう。その場合であっても、病院で病気を治すということと共に利用をしてみてください。

病気を治すのはあくまでもプロの医師が行うことで、占い師が行うことはこういう捉え方があるよねというように新たな解釈を試みたり、魂レベルで心を軽くすることです。いわば、カウンセリングをもっと魂レベルという根源的なところから行うということです。だから、占い師に対してどうやって病気が治るのかという相談をしても解決策がありません。

魂レベルで占ってもらえる占術として霊視や霊感があります。その人の持っている霊を見たり感じたりすることによって、どこに心の問題があるのかということを探り当てます。そういう問題があった時に癒されたら少しは気持ちが軽くなりますので、癒し効果がある占い師を選べばなおいいでしょう。さらに、占い師の中には心理カウンセラーの資格を持っている人もいますので、そういう人に相談をお願いすると尚効果的です。

一番いけないのが、何とかを購入すれば病気が治るという風に言われて購入することです。どんなに気持ちが弱っていたとしても、弱みにつけ込んで何かを購入させるというのは悪徳商法の一つでしょう。その場合はとっとと電話を切るべきです。

電話占いヴェルニは心の問題も含めた様々なニーズに応えることができる

電話占いヴェルニには在籍している占い師の数が250人を超えるほどの大所帯になっています。なぜそんなことになっているのかというと、電話占いに対して様々なニーズに応えるからです。心の問題について取り扱っている占い師は意外と少ないです。そういう少ないニーズであっても多く占い師がいるのであれば、きちんと答えてくれる占い師がいるということでもあります。そこが少数精鋭のところとは違うところと言えるでしょう。

さまざまな占術を使う占い師が揃っており、いろいろなタイプを取り揃えています。いろいろとタイプが違うからこそ、占い師が合わなかった場合にすぐに別の占い師にすることが容易にできてしまいます。いくら数が多いからと言って質が悪いと多くの人が来てもらえませんので、きちんと審査を行いながら本物の占い師を見極めているわけです。

おすすめの占い師1:静羽先生

静羽(しづは)先生はもともと備わっていた能力を活かして、心の問題に対して様々なアプローチを試みていきます。インスピレーションや心理カウンセリング、メンタルヘルスなどを用いながらも、きちんと鑑定を行います。心の問題で悩んでいるのであれば、先生に鑑定をしてもらうといいのではないでしょうか。

おすすめの占い師2:美神先生

美神(びしん)先生は宿曜占星術や霊感タロットを用いながら心の問題などについても鑑定を行うことができます。どういう相談内容化によって用いる占術は異なりますが、強い霊感と複数の占術を用いながら多角的に鑑定をしていきます。悩みを必ず解決するという意志を持っている先生で、多くの人を救ってきた経験があります。

関連記事