Pocket

占いを始めてみたいなと思っている人にとって、的中率は大きな関心事だと思います。
占いが当たらないのであれば、行く意味はないと考える人もいるでしょう。

しかし当たるわけがないと心を閉ざしていては、的中率が下がってしまう場合もあるのです。

鑑定してもらう側の出した除法などで当たる確率は変わる

Contents

分かりやすいものから例に出してみると、手の見えない状態で手相を占ってもまず当たりません。

ここまでひどくないにしても、占いの時に生年月日や生まれた場所などを聞かれることがあると思います。

四柱推命や占星術では、こういった生まれ持った変える事の出来ない情報を利用して占いを行うのです。

もしもこれらの情報を教えなかったとしたら、当然占いの精度は落ちます。

そのため占いの時に尋ねられたことは、答えられる範囲で正確に答えるようにしましょう。

電話占いでよく見かけるのが、霊感や霊視といったような霊術です。

霊感や霊視では特殊な能力を使っての占いになりますから、基本的に生年月日不要になります。

しかし心の状態が鑑定の精度に現れることもあるようです。

占いなんて当たらないと心を閉ざした状態で霊感を受けたとしても、正しい鑑定結果が得られません。

また霊術とその他の占いを組み合わせることもあり、その場合には霊術鑑定であっても生年月日などを聞かれることがあるようです。

占い師によって的中率は違うので選び方は慎重に!

電話占いに限ったことではありませんが、例えば料理人だからと言って全員が全員一流シェフのような料理を作ることはできませんよね。

そのように同じ職業であっても、その中でのレベルというものは存在しています。

電話占いでも一緒です。

占い師歴何十年のベテランであれば鑑定の精度は高いですが、占いよりもお悩み相談と言ったレベルの人であれば的中率は低くなります。

若くても能力が高く、人気がある人もいるでしょう。

ではどうやって力のある占い師を選んだらいいのか、パッと見てわかりやすい指標に金額があります。

電話占いのサイトで占い師一覧を見てみたらわかると思いますが、他の人は1分あたり200円くらいなのになぜか500円など高く設定されている人がいます。

こういった人の値段の高さは、占い師としての実力をサイト側にも認めてもらったと考えても良いででしょう。

お金が許すのであれば、値段設定が高めの人に鑑定をお願いしてもいいかもしれませんね。

中には一律で金額が決められているところもありますが、その場合全員そこそこの実力しかない可能性もあるわけです。

四柱推命や霊感霊視など鑑定する占術によって精度の違いが存在します

霊術は一度考えないものとして、的中率が高いと言われているのが四柱推命です。

その的中率は、その道に長けた人が行ったとしても90%言われています。

四柱推命以外の占いであっても、その占いのトップクラスの人で80%の的中率だそうです。

そんな中、霊術はトップレベルの人がやると的中率は100%に近くなります。

しかし占い師と言えども人ですから、ミスをすることもあるでしょう。

そのため、疑いようもなく100%当たる占いは存在しないと考えた方がよさそうです。

ですから「占い師の言うことを聞いていたら絶対に大丈夫」ではなく、聞いたうえで自分がどう受け止めるかが大事になります。

電話占いで使われる占術をご紹介

電話占いとは電話を使った占いではなく、電話で話をしながら行う占いです。
つまり、電話の向こうでは普通に占い師が占いを行っています。

見えないところで何をやっているのかわからないと不安だという人もいるかもしれませんので、電話占いで使われる占術をいくつか取り上げてみます。また、同じ占術でも占い師によって的中率は変わる事は頭に入れておきましょう。

電話占いでもできなくはない手相占い

手相占いは、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
対面鑑定の代名詞にもなるであろう手相占いですが、電話占いでも行ってくれる可能性があります。

何も不思議な力とか難しい事とかあるわけでもなく、写真を登録しておけばいいだけです。
サイトによっては、写真やメールなどの機能がなく利用できないこともあります。

またメール占いであれば、より簡単に手相占いをしてくれるでしょう。

手相占いで良く知られているのが、生命線が長いと長生きできるとか、頭脳線がどうだといった手にできたしわを見るものではないでしょうか。

これを掌線学と言います。
手相を見ることはこれだけではなく、手の大きさや指の長さ等、手自体の作りに注目する手形学もあります。

手相を見てわかることは、過去・現在・未来と言った情報やその人の性格、恋愛傾向などでしょうか。

未来を見るというのも、いつ結婚するとか人生の転機がいつ来るのかなどわかることも様々ですが、そもそも電話占いとは相性はあまり良くないので対面占いで見てもらう事をおすすめします。

手軽に試せる姓名判断

姓名判断はネットを使うと無料で診断してくれるものがあり、1度やってみたことがある、という人もいるのではないでしょうか。

電話占いでも無料登録の時点で、名前を伝えているので姓名判断をしてくれます。

姓名判断で見ているものは、名前の画数です。

総格だけではなくて、苗字の最後の文字と名前の最初の文字の画数など様々な見方をします。

それにより「格」と呼ばれるものがわかり、人格や外格、天格、地格、総格の5つの格が決まるそうです。

ただし、流派によって見方や結果が異なるそうなので誰がやっても同じというわけではありません。

分かる事としては、人間関係や晩年の運勢・結婚・恋愛・家庭運・適職などだと言います。

名前はそう簡単に変わるものではありませんから、お試しで姓名判断を受けてみるのもいいでしょう。

星読みとも言われる西洋占星術

西洋占星術とは、その時の星の配列によって地上で起きた出来事やその時生まれた人に影響を与えるという考えで行う占術です。

ホロスコープという単語を聞いたことがあるかもしれませんが、このホロスコープは星の配列図の事を言います。

ニュースなどで流れる12星座占いは、この西洋占星術を簡素化したものだそうで身近な占いの1つだと言えるでしょう。

生年月日、生まれた時間などを使って生まれた時に星の配列を見ることで占うものらしく、その人の過去・現在・未来がわかります。
パーソナリティもわかりますから相性占いにもよく使われます。

ただし相性占いをするためには、相手の生年月日や出生地などの情報が必要になります。

西洋占星術は人生全般を見るものになり、明日何が起こるといったピンポイントでの予測は苦手としています。

中国で生まれた占星術の算命術

算命学とも呼ばれる算命術は、中国発祥の占星術で2000年以上の歴史を持ち、使うのは生年月日と干支です。

生まれ持った宿命や性格・適職・大きな人生の流れなどがわかると言われています。

算命術は3×3の9マスに生年月日から計算した干支を当てはめるのですが、その計算方法はとても複雑で一般人にはどうしているのかよくわかりません。

ただ今ではアプリやソフトなどを用いることで、必要な情報がわかるようですから、素人でも行える占いの1つになったことでしょう。

西洋占星術でもいえますが、占いで出たものがイコールで結果ではなく占い師によって解釈が変わり、伝え方も異なります。

例えるなら、同じ材料を使っていても出来上がる料理が人によって異なるようなもので、悪く聞こえるような結果だったとしても、見方次第でどうにでもなる可能性はあります。

カードを使って占うタロット占い

タロットやタロットカードは耳にした事があるのではないでしょうか。
78枚のカードを使用した占いで、運勢や人の気持ちを占うことが出来ます。

相談者と他者との関係性に注目して占う「卜占」と呼ばれるもので、上で紹介した西洋占星術のように生年月日を使って相談者の人生の流れを占う「命占」とはまた違った占いになります。

タロットはなんでも占えると言われていますが、未来に関しては半年先がせいぜいで、未来予知にはあまり向いていません。

逆に占星術よりも、今の相手の気持ちなどピンポイントなことは占う事に向いています。

具体的なやり方としては、78枚あるタロットカードの中から1枚から複数枚を使って、カードを特定の形に裏返しに並べます。

78枚のカードにはそれぞれ意味があり、並べたカードがどのようになっているかを見て、占い師が解釈して相談者に結果を伝えるものになります。

圧倒的的中率の四柱推命

占いはどんなに腕が立つ人がやっても、100%ピタリと言い当てることは難しいです。
実は占術によってその成功率に差があり、四柱推命は最も当たるとされる占術の1つに数えられています。

中国で生み出されたもので、生年月日や生まれた時間などを、四つの柱に置き換えて占うものです。

四つの柱だから、「四柱」推命というわけですね。
その置き換え方ですが、算命術と同じくかなり複雑になっていますのでここでは割愛させていただきます。
生年月日を使う命占の1つですから、大きな流れを読み解くことは得意です。

分かることは、何のために生まれたのかとか、天賦の才は何かといったものから、性格、長所や短所、体型、健康、適職など幅広いです。

的中率は高いですが占い師の腕は必要になり、良い占い師に巡り合えることが大切かもしれませんね。

電話占いで見かける霊感やスピリチュアルってどういうもの?

占いというと、タロットや手相、占星術などが思い浮かぶかもしれません。
電話占いで登録が多い占いと言えば、霊感やスピリチュアルと言ったものです。

言葉だけを見ると、胡散臭い感じがする人もいるかもしれませんが、今回はこれらがどういったものかを見ていこうと思います。

霊感で占うってどういうことなの?

霊感占いの話をする前に、霊感で占うという事がどういう事なのかを理解しておきましょう。

霊感がある人というと、心霊番組などで呼ばれる幽霊を視ることが出来る人を思い浮かべるのではないでしょうか。

それでいくと霊感とは、幽霊を視る能力や霊を感じることが出来る能力になります。

霊感と霊感占いは同じものか、霊が視えることで占いが出来るのかという疑問には、その通りだとも違うとも答えられるでしょう。

霊感占いとはタロット占いのタロットカード、西洋占星術のホロスコープなどの道具を何も用いずに、第六感で視て相手に伝えるというものです。

つまりは現状解明されていない、不思議な力を使って占いを行うといった感じですね。

オーラを見るというのも霊感に当たり、幽霊が見えるというのも霊感占いで言うところの霊感の1種だと言えます。

霊感占いはどのように占うのか

霊感占いを調べてもそれぞれ異なる表現がなされていて、なかなかはっきりとした答えは出てきません。

共通する部分をあげてみるとすれば、何か特別な力を持った人がその力を用いて対象者の過去・現在・未来などを見るというところです。

人によって表現が変わるのですが、瞑想をすることによってヴィジョンが見えるとか、スクリーンのようなものが頭に映像が浮かび上がると言われていますが、なかなか理解することはできないでしょう。
ただし、全く信じられない人は霊感占いに向いていませんので利用しない方が良いでしょう。

また霊感占いを使って悩みを解決している人が居るというのは、事実です。

霊感と普通の占いとの違いについて

霊感占いとその他の占いとでは違います。

霊感は上記通り特別な力を持っていないとどうしようもないため、どれだけ勉強したところでどうにかなるものではありません。

後天的にも霊感を手に入れることもできると言われますが、定かではありません。

普通の占いに関しても、一般の人から見たら不思議な何かのように見えるかもしれませんが、どちらかと言えば学問に近いでしょう。

占星術と天文学はもともと同じものだったとも言われますし、それぞれ密接にかかわる学問があってもおかしくはありません。

つまり霊感との大きな違いは、勉強すればある程度は使えるようになることです。

電話占いで使われる霊視とはどういうことなの?

霊感の1種にはなりますが、使える占術一覧を見ていると「霊視」というものを見かける事があります。

霊が視えるから霊視というわけですが、柱の陰から幽霊がこちらを見ているといった霊とはちょっと違います。

霊視とは、対象者の守護霊を見ているのだそうです。

守護霊とはその人の運命や過去などの全ての情報を知っているらしく、霊感占いでは守護霊から情報をもらっているという占い師もいます。

全ての情報があるなら万能かと言われたらそういうわけでもなく、出鱈目な情報をつかまされることもあるそうです。

要するに霊視とは、守護霊が視えて情報を教えてもらえる能力という事でいいでしょう。

似たものに透視がありますが、透視は箱の中身がわかるとか、その人の持っているエネルギーオーラ的なものは見えますが、未来や過去についてはわからないと言います。

スピリチュアルと霊能は違うのか

霊能や霊能者と似たようなもので、スピリチュアルやスピリチュアルカウンセラーなどがあります。
これらは違うものなのか、同じものなのかですが、違うものだし同じものという答えになりそうです。

そもそも霊能と言う言葉の範囲が広いため、その中にスピリチュアルが入ってしまいます。

そのため同一とみても良いかもしれませんが、少し立場が違うようです。

霊能だと良くないものが見えた時に、駄目なものは駄目だとして早く解決してしまおうとします。

対してスピリチュアルは、根本的な解決をするのではなく、解決の手助けをしつつ相談者に頑張ってもらうといった感じです。

あくまでこういったイメージというだけで、実際にはあまり区別して使われていないことも多いです。

霊感の的中率は100%とも言われる

占いにおいて、的中率は大切ですよね。
四柱推命が最も的中率が高い占いだとも言われていますが、霊能の場合、人によっては100%を誇ると言います。
しかし、力量が問われる分野でもあり霊能者が全員100%の的中率だというわけではありません。

対して四柱推命やタロットなどの道具を使うものは、誰がやってもだいたい同じ結果になるそうです。

違うのは占い師の解釈の違いですから、力のない霊能者よりは普通の占術の方が安定しているとも言えます。

理想は高名な霊感占いの先生を見つけることですが、それが難しいのならば自分の悩みにあった占術を選んでみるといいでしょう。

よく当たる占い師を見つける為にはサイトの選び方が重要

占い師にも有名で能力が高い人から、新米で今から経験をつんでいく人など様々な人がいます。
ですが利用者の側から見れば、お金を払うのだから出来れば金額にみあった結果を出してくれる人が良いですよね。

ですが電話占いで占い師を選ぶ場合、人に加えてサイトも選ばなくてはなりません。

ではどういうところを見て、選べば良い人を見つけることが出来るのでしょうか。

評判が良い占い師の特徴とは

相手の顔は見えないとはいえ、ネットである程度は情報を集めることが出来ます。

まず気にしておきたいことは、その人が電話占いだけ行っているのかそれとも対面鑑定もやっている人なのかです。

対面鑑定をやって顔を出している人は、それだけ自分の占いに自信があると言う場合が多く、能力が高い人である可能性が高いです。

また鑑定の過程で具体的に話してくれる人の方が良いでしょう。

良い人を見つけたいという悩みであれば、「いつ」「どこで」などをはっきりと言ってくれると言うことですね。

力のない人ほど、何にでも当てはまりそうな曖昧なことを言いお茶を濁すことが多いです。

具体的に伝えて外れた場合、自分の経歴に泥を塗ることになりますから、具体的に話せると言うのも自信の表れとみていいでしょう。

それから客観的な指標として、占いにかかる料金を見てみてください。

値段が高い人ほど能力が高いとされ人気がある人になります。

良い電話占いサイトは鑑定料金やオペレーターの対応から分かる

電話占いのサイトは、利用者と占い師をつなげてくれる入り口のようなところです。

良いサイトであれば、その入り口はしっかり分かりやすく整備してありますし、怪しいサイトであれば分かりにくく良くない入り口に案内します。

要するにわかりやすいサイトの方が良いと言うことですね。

一読しただけでどのような料金システムか分かるのが大事です。

鑑定料は当然として、通話料がかかるのか、転送料などが必要か、占い師個人にも言える事ですが祈祷など鑑定以外の事をしてもらった場合別料金になるのかなどでしょうか。

最も良いのは、鑑定料のみのサイトですね。

その方が利用者にわかりやすいですし、値段も安い事が多いでしょう。

またはじめて利用するところであれば、いきなり自動受付を行うのではなくオペレーターに問い合わせるようにしてください。

上記の料金などについてどうなっているのか尋ねることが出来ると同時に、オペレーターの対応からも良いサイトかどうかを見分けることが出来ます。

オペレーターの対応が良いところであれば、サイトの運営だけでなく在籍している占い師も良い人が多いです。

サイトの選び方で気を付けておきたいポイント

良いところか悪いところか以前の話として、自分に合ったシステムかを見ておくことは大事なことです。

例えば料金の支払い方法が、前払いなのか後払いなのかはちゃんと見ておきましょう。

後払いのサイトで、ついつい長電話をしてしまったらそれだけ多くの料金を請求されます。

占い師側が無理に話を引き延ばしたのではない限りは、自分の責任ですから不安な人は前払いのサイトを使うといいでしょう。

それから探してみるとわかると思いますが、電話占いのサイトは現在数えきれないほど存在しています。

その中で目立つために、キャッチコピーなどを凝っているサイトも多いです。

それに惹かれてサイトを見てみるだけであれば問題ないですが、キャッチコピーだけを理由に選ぶのは危険

なので考え直してみてください。

良い占い師との出会いが人生を変える

占い師選びは大変ですが、良い人と巡り合えたならその時の悩みを解決してくれるだけではなく、良い相談者としても助けてくれます。

人生の岐路でそういった相談者がいたかどうかで、大きくその後も変わってくることでしょう。

男性占い師と女性占い師の違いは何?

占いは導き出された結果をもとに、占い師が解釈をして相談者に伝えるという流れをよく取ります。
当然占い師によって解釈が変わり、占い結果も変わるという事があるでしょう。
そこで占い師の性別によって、どういった事が変わってくるのか調べてみました。

電話占いは女性占い師の方が多い

電話占いの占い師は男性もいますが、圧倒的に女性の方が多いのではないでしょうか。

電話占いサイトの占い師一覧を見ても、やはり男性よりも女性の方が多く感じられます。

その理由として考えられるのが、電話占いの利用者が女性の方が多いからです。

利用者の8割が女性とも言われています。

占い師側から見ると、仕事上の関係で男性でも女性でもあまり変わらないのかもしれませんが、相談をする側から見ると人生において重大な話をする相手になります。

デリケートな話もすることでしょうから、やはり感覚が似ている同性の方が話しやすい側面は十分に考えられます。

この占い師は女性であるべし、というのは結構イメージとして根付いているようで、口コミを見ると「男性占い師にしては、良い人だった」といったものも見かけます。

男性の占い師の腕が悪いというわけではないと思いますが、肩身が狭いのかもしれませんね。

実際問題として男性占い師はどうなのか

男性占い師にも実力があり、人気が高い人も少なくはありません。

むしろ、女性優位の現状で男性占い師になることが出来るというだけでも、実力や潜在能力が高いと判断できるのではないでそうか。

特に大手の電話占いサイトだと、占い師として所属できる人は応募者の中で数パーセントしかいないとも言われています。

男性というだけで数が少なく更に数を絞られるので、本当に実力があるとみていいのではないでしょうか。

ただ、採用基準を知っているわけではありませんし、今後男性の占い師の採用を強化し始めたらまた話は変わってくるでしょう。

現状でも企業側はあまり男女にこだわっていないけど、応募してくる男性の人数が少ないというだけかもしれません。

女性占い師の特徴

ここからそれぞれの占い師の特徴について、見ていきます。

女性占い師は女性らしい細やかな気遣いをしてくれますから、恋愛などのデリケートな問題を尋ねるにはもってこいです。

また男性と比べて、何かを決めるときに感情的な部分が大きく関わっているのだそうです。

そのため人間関係など感情が関わってくるような問題に関しては、より親身に話を聞いてくれるでしょう。

それから女性占い師の場合には、ズバッとなんでも発言するタイプの人とこちらに癒しを与えてくれるようなおっとりしたタイプの人が居ます。

先ほどまでの話と変わってしまいますが、はっきりものをいうタイプの人はこちらが気にしていることもあえて口にすることがありますので、打たれ弱い人は向いていないでしょう。

多くの人はわきまえていると思いますが、感情移入をしてくれるあまり入れ込みすぎる人もいなくはないですから注意して下さい。

男性占い師の特徴

古来より男性は大きな選択を迫られることが多く、そういった決断するときには父親に相談する方が望ましいと言われています。

逆に母親には、もっと日常的なことを相談したらいいと言われますが余談ですね。

ですから男性占い師の特徴は決断力だと言えるのではないでしょうか。

どうするか決めないといけないのに自分ではなかなか決めきれない時などは、男性占い師に相談してみるといいでしょう。

転職をするかどうかや内定をもらった会社に本当に入社して良いのか等、決断を迫られる場面は少なくないはずです。

また男性は論理的で中立的な立場に立って話してくれる人が多く、はっきりと言い切るタイプは少ないと言います。

恋愛ごとでもあくまで中立の立場として、相談者と相手のどちらの悪いことも言ってくれるでしょう。

ただしこういった姿勢は、相談者に対する細やかな対応を蔑ろにしてしまいます。

相談者としてはとにかく自分は悪くないのだと、共感してほしいのに自分の悪いことを言われるかもしれませんから、人によっては鑑定に満足できないでしょう。

また男性の場合、オネエ系の人等と多彩なキャラクターの人が居るのではないでしょうか。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

女性ならどちらの占い師を選ぶ?

女性が電話占いの占い師を選ぶ場合、基本的には女性占い師を選んでおくのが無難です。

というのも、女性ならではの悩みまで理解してくれるからですね。

それと同時に、同性だからこそ言いづらい事もきっぱりと言ってくれる面もあります。

占い師自身の経験も踏まえた鑑定になると思いますから、より具体性に富んだ話が効けるのではないでしょうか。

ここまで見ると、女性は男性占い師に鑑定を頼む意味がないようにも見えますよね。

しかし、ちゃんと男性に頼った方が良い場合もあります。

それは男性目線の意見が欲しい時です。

分かりやすい例としては、彼氏と喧嘩をしたときなどでしょうか。

仲直りをしたくても彼氏がなぜ怒ったのかわからないというときに、男性占い師ならば当時の彼氏の感覚がわかるでしょう。

他にも彼氏の気持ちが分からないというのも、男性目線で話してくれますから、女性だけで話しているときにはわからなかったことまで教えてくれるはずです。

ただし良くも悪くも中立であるため、話を聞いて分かっているようでその実女性が本当に感じているところまでは、わかってくれないでしょう。

男性ならどちらの占い師を選ぶ?

ここまで見てくださった方にはわかると思いますが、男性が女性占い師に鑑定を頼む時は、女性の気持ちを知りたいときや女性目線の意見が欲しい時です。

ですから恋愛関係の悩みなら、女性占い師に頼むといいでしょう。

しかし、占い師の中には「男性なんだから」と男性を一括りにして批判してくる人もいます。

そういう人が苦手なら男性の占い師に相談しておいた方が、ダメージは抑えられるでしょう。
それに女性と同じく同性である男性の占い師に相談することで、共感を得られやすいです。

仕事の相談で男性だからこそ感じる悩みは、男性占い師に相談してみてください。

どちらが良いというよりも自分の悩みに合わせて選ぶ

男性占い師だからとか、女性占い師だからではなく、自分の悩みを改めて考えてみてどちらを選ぶのかを決めると言いでしょう。

占い師は出来る占いをしてはくれますが、占い師を選ぶのはいつだって自分の役割です。
人選を間違えた場合、自分にもある程度は責任があるでしょう。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

関連記事