Pocket

日常的に自信がない人というのは積極的な行動を取ることができなくて損をするという結果になったりします。損をしてしまうとなおさら、自信を持つことができないというスパイラルに陥ります。なかなか自分のことを信じきれない人が多いのでストレスもたまることになり、体にも影響が出てきたりします。今回は自信がない人がどうやってそれを持つことができるのかという観点で解説していきます。

自己評価が低くなり萎縮してしまう

この世の人でパーフェクトな人間というのは全く存在しません。自分の強みを発揮して他に向けてアピールしていけばいいわけですが、得てして自信がない人というのはそういうことが苦手な人が多いです。そういう人であっても強みというのはあるはずですが、なかなか自分の良いところを認めようとしません。

他人がせっかく強みがあるという風に教えてあげているにもかかわらず、そういうところを見るどころか、欠点や苦手なところにどうしてもフォーカスしてしまうわけです。そうなると、相手もそういうところを見てしまいますので、なおさら欠点や苦手なところに目を向けざるを得なくなり、自己評価が低くなります。

無駄に自分のことを否定してしまう

自己評価が低い人の特徴としてネガティブな言葉を使いがちです。自分だけでなく他人に対してもそういう言葉を使いがちですので、相手としては決していい気持ちを持ちません。ネガティブな言葉ばかり使っていると、寄ってほしい人からは遠ざけられ、ネガティブな言葉ばかり使っている人とばかりつるむことになります。

言霊という信仰があり、言ったことに対してそれが実際に起こるということが起きています。古くから言霊という信仰があり、プラスのことを言えばプラスのことが起こり、マイナスのことを言えば、マイナスのことが起こるわけです。無駄に自分のことを否定してしまうと、自分はダメなんだという暗示をかけていることになります。

周りの人の言葉を気にしすぎてしまう

周囲の人から反対されたり、嫌われたりすると傷ついてしまいます。誰しもそういう心理はありますが、特に自信がないと言っている人はそういう傾向があります。好き嫌いがあるのは当然のことですし、いい悪いということもあるでしょうが、そういうことをいろいろと経験しながら折り合いをつけることができてきます。

自信がある人であれば、自分の意見を周りの人に言うことができますし、たとえ認められなかったとしても折り合うことが可能ですが、自分に対して不安な部分が多いと、周囲の反応が気になって他人の発言にびくびくします。他人はそれほど自分のことを気にしているわけではありませんので、それほど気にしなくても構わないはずですが、どうしても気にしてしまうところがあります。

コミュニケーション能力が低い

学校をはじめとして職場においても集団生活を送る必要があったりします。そういう時にコミュニケーション能力が低い人は大抵の場合自信が無いことが多いです。コミュニケーション能力が高い人は友人が多いですし周りの人が楽しんでいたりします。それに対して、私はコミュニケーション能力が低いからいつもひとりでいるという形になります。

一人で居ることが好きなんであればいいですが、多くの人と友達になりたいのであれば、人と話しかけないと友達にはなってくれません。人に話しかける勇気を持つということから始める必要があります。聞き役に徹してコミュニケーション能力が高い人がどのようにして話しているのかなど参考にしてみることをおすすめします。

好きな人のマネをする

劣等性が強い人というのは嫌だと思っている人と同じような行動を取っていることが多いです。そうであれば、その逆の自分が憧れていたり好きな人のマネをすればいいでしょう。マネする人は身の回りにいる人でも、タレントでも歴史上の偉人でも構いません。すべてについてマネする必要は無く、自分が参考にしたいなあという部分だけ真似すればいいです。

全てに対して尊敬するところがなかったとしても、一部分でもそういうところがあるのであれば積極的に取り入れてください。ある部分はAさん、別の部分はBさんという風に分けても全然構いません。とにかく自分を変えたいのであれば、参考にしたい人のマネをするということです。

成功体験を徐々に増やしていく

自信がないという人は成功体験を増やすことが必要だったにもかかわらず、行動することができませんので、結果的に成功体験を積み重ねることができなかったです。他人の言葉にとらわれ過ぎていて失敗することを恐れ、なかなか行動ができなかったというわけです。

慣れていないうちは失敗することが当たり前ですので、そうなったとしても行動した自分をほめてあげてください。自分にできることを徐々に積み重ねていれば、だんだん成功体験が積み重なったいきます。行動を止めたら失敗することはありませんが、その代わりずっと自信がないままになりますが、行動し続けることで失敗することがありますが、その代わり失敗した原因を振り返って成功するとますます自信が出てきます。

ポジティブシンキングを心掛ける

自分のことについて肯定的な人というのはポジティブに考えることができますし、何か否定的なことが起きてもそんなに気にしないという特徴を持ちます。だから、必要以上にネガティブにならないですので、人生を楽しく生きることができます。

特に自信がないという人はネガティブに捉えがちですので、そこをちょっと見方を変えてポジティブに見るようにします。自分に降りかかる出来事についてネガティブではなく、ポジティブに見ることによって自分の人生が好転してきます。好転してきたら少しずつプラスへと変わるのではないでしょうか。プラスに好転する手助けとして占いがありますので、そういう考え方をしたいのであれば電話占いをしてみるのも一つの手です。

自信を付けるためには霊視がオススメ

自分が自信を付けたいという風に思っているのであれば、励ましてくれるような占い師がオススメです。特に霊視を用いる占い師は自信を付けるためにいいでしょう。霊視により自分でも言われてびっくりするような一面を知ることができますし、他人に与えている印象など客観的に知ることができます。こういうものを参考にしながら、今後人とどのように接していけばいいのか、コミュニケーションを磨いていけばいいのかなどが分かります。

魂レベルで相談者のことをじっくりと見ることができますので、それでどのように見えているのかを知って、どうやって自信を付けていけばいいのかということをアドバイスがもらえます。ポジティブシンキングができるようになるためにどのようにすればいいのか参考になります。

電話占いカリスは成長率が高い

自信を付けるということで言えば電話占いカリスが向いていたりします。それはずっと成長し続けていて、会社の規模がどんどん拡大しているからです。成長しているということは多くのユーザーを満足させているということの表れでもあります。リピーターが多いということは占い師の質が高いことを示しています。

自信が無くて悩んでいるという人であっても、そういう相談は多いですので、それに対処している占い師はたくさんいます。ただ占って悩みが解決すればいいというのではなく、一人一人が幸せになるように占っていき、それによって悩みが解決できればいいという姿勢で臨んでいます。相談者一人一人のことを考えているということですので、これだけ成長しているわけです。カリスには自信を付けさせてくれるような説得力がある占い師が揃っていますので、自分が気に入った占い師であれば大丈夫です。

おすすめの占い師1:常琶先生

常琶(ときわ)先生は霊視を得意にしている先生で、霊視を通して相談者の状況を把握することに長けています。把握した後に物事をどのようにしたら幸せにするのかということを提示してもらえます。自信がないということであれば、どのようにしたら自信がつくのかということを魂レベルで修正することが可能で、心から頼れるのではないでしょうか。

おすすめの占い師2:華音先生

華音(かのん)先生は守護霊との交信やオーラを通じて現状のことを視覚的に見て、なぜそうなっているのかを解き明かす力を持っています。霊視などによって魂を見るだけでなく、独自の白魔術を使うことによって、現状を改善することもできます。今自信が無くて困っているという人であっても、どのようにしたらいい未来を切り拓くことができるのかを提示してくれることでしょう。

関連記事